スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若葉の季節
20090514koivu1.jpg

20090514koivu2.jpg

木々の芽吹きの季節,あっという間に景色が緑に染まってきた。

特に白樺の芽吹きはきれいで,毎年本当に楽しみだ。若葉の香りもさわやかで,うすい黄緑色のベールに包まれた木々の間を散歩するのはなんとも言えず気持ちがいい。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

展望塔から
今日はびっくりするくらいぽかぽかの陽気だった。

朝は0℃近くまで冷え込んだが,午後には20℃を超えた。夏といってもおかしくないくらいの気温だ。

天気もよかったので,犬の散歩をかねて近くの展望塔にでかけた。

200904torni.jpg

湖の氷はほとんど解けたようだ。白樺はまだ芽吹いていないが,こずえがうっすらピンク色をおびている。芽吹きが始まるまでまであと数日ということかな。

天気予報によるとまだしばらく暖かい日が続くようだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

魔女の来る日
200904noidat.jpg


今日はイースターの1週間前。フィンランドではこの日に「魔女」が玄関に現れることがある。

魔女に扮装した子供たちが近所の家々をまわって飾りをつけたねこやなぎの小枝を振りながら呪文を唱え,お菓子をもらうというならわしだ。

年によって1人も現れなかったり何組も来たりするのだが,今日は3人組の魔女たちが1組だけやってきた。呪文を唱えてくれたので用意しておいたお菓子を差し出す。子供たちが楽しそうに笑う。春も近いなあ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

重い雪
20090317.jpg

このところ天気がぱっとしない。厚い雲におおわれ雪もときどき降るが気温はプラスにもなり,湿った雪のつもった枝が重そうだ。

3月というと晴れて1日の寒暖の差が激しくなることが多いのになあ。春分が近いだけあって,日はずいぶん長くなった。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

今日の湖
今日も気温は低く,朝は-10℃ほどだったが午後になって天気がよくなってきた。

20090301.jpg

さすがに3月というだけあって日の光が強く明るい。

湖の上にスキーをしに行くと他にもスキーをしている人がたくさんいて,雪原のような湖の上にスキーの跡が縦横についている。風もなくのどかな日和だった。

あと何回,週末に湖でスキーできるかな。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

今日の湖
20090218.jpg

このところ気温はずっと低くて,今朝は-14℃ほどだったが天気はよく,ダイヤモンドダストがきれいに見えた。

湖の氷の上を歩くのも,これだけ寒いと不安がない。

ところでこの冬不思議なのは,穴釣りの人の姿がまるで見えないことだ。冬の初めに一度見ただけである。スキーをしている人はたくさんいるのだが。何かの加減で魚が釣れなくなったのか,禁漁区になったのか,それともたまたまいないだけなのか。気になる。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

樹氷
晴れた空に樹氷が輝いてきれいだった。

やっと昼間の日の光が白く明るくなってきた。

20090203a.jpg

20090203b.jpg


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

針状の樹氷
20090202.jpg

今日は樹氷のついた木の枝がきれいだったが,よく見ると氷の結晶のひとつひとつが同じ方向を向いた針状になっていた。ちょっと珍しいと思って1枚。気温は -4℃ほど。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

円形の氷
犬の散歩に出かけた息子が,直径1メートルもありそうな氷の円盤をかかえて帰ってきた。

これはその氷をベランダのいすに立てかけてみたところ。厚さは3cmほどか。

200901jaa.jpg

湖はほぼ全面凍結しているが,上の湖から水の流れ込むところでは,水と氷の境がいろいろに変化する。少し前のそのあたりの写真↓

200901kanava.jpg

湖の氷と一口で言っても,気象条件や水の流れによって凍り方は千差万別だ。氷ができかけるときこんな蓮の葉状になることもあるが,きれいに円形になっているのを面白いと思って持ってきてしまったらしい。

ベランダでテーブルにしてお茶でも飲むといいかな。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

寒波
20090103.jpg

年明けから急に寒くなった。今朝は気温が -15℃くらいで,午後になっても -10℃程度だったと思う。近くの湖も全面結氷したが,まだ上を歩く人は出現しない。

天気はよく,太陽はまだ弱々しいがダイヤモンドダストや木のこずえに付いた霜の結晶がきらきら光ってきれいだ。これでこそフィンランドの冬。楽しい。

天気予報によれば,まだしばらく寒い日が続くようだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

湖が凍り始めた
20081228.jpg

今日の気温は -8℃ほどで、この冬一番の寒さになった。といっても本来このくらいが普通で、特別な寒波というわけではない。

天気もよくなり、木々のこずえに降りた霜が陽にきらきら光ってきれいだ。湖も凍り始めた。湾のようなところはそのまま平らに凍っていくが、この辺は上の湖からの流れがあるので、がさがさした板状の氷が流れてきてはくっつきあって凍っていく。湖を見るたびに凍っている部分が増えていて面白いが、明日からまた出勤で明るい時間に湖を見ることができないのは残念だ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

暗い日々



しばらくマイナスの気温だったが、また0℃前後になり小雨もようになってきた。空はずっと厚い雲に覆われていて、このところずっと太陽を見ていない。冬至も間近で日も短いし、昼ごろでも暗い。

新聞によれば今年の降水量は12月10日ですでに788mmとなり、1988年の777mmを超えて記録的なものになるそうだ。平年は550mmくらいなものだから40%以上多いことになる。もともと年間降水量自体が少なく、こんなに多くてもまだ東京や日本の多くの地域の半分くらいなものだが、たしかに雨の日はやたら多かった気がする。

そのためか湖の水位も所により50cm以上も高くなっているそうだ。うちの近所の湖では特に高くはないのだが。

クリスマスの時期に雪に覆われてホワイトクリスマスになるかどうかはフィンランド人にとっても関心の高いことだが、統計によるとこの辺ではホワイトクリスマスになる率は90%くらいだそうだ。2000年代にはいってからずっと「ホワイト」であったのが、一昨年と去年は「ブラック」だった。

今年はどうなることか。天気予報によるとまだしばらくは0℃前後の気温が続くようだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

今日の湖

20081122.jpg

まだ氷点下の気温が続いている。木にうっすらつもった雪がきれいだったので1枚。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

雪がつもった

200811lumi78.jpg

昨日から少し雪がつもった。気温もマイナスになっている。雪がふると明るくなるし、ぐずつく雨から開放されて気持ちがいい。

愛犬はもちろん大喜びで雪の中をはしゃぎまわる。泥だらけにならないので、散歩のあと洗わなくてすむのもありがたい。いいことずくめだ。

天気予報によれば、しばらくマイナスの気温が続くようだ。このまますっきり冬になってくれるといいのだけれど。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

ボートおさめ
朝、窓から外を見たら、雪が降ったのかと思うくらい霜で庭の芝生が真っ白になっていた。

天気がよかったのでボートでちょっと湖に出てみた。気持ちはいいが風は冷たく、他の船もないし湖畔に釣り人もいない。さすがにもう湖遊びの季節は過ぎたか。

今年の船遊びもこれが最後と、船外機のタンクのガソリンをなるべく使い切った。息子に手伝ってもらい、ボートを岸の方まで引き上げて裏返しにする。

200811vene.jpg

湖が凍るのはまだまだ先だが、氷が解けてボートに乗り始めるのは5月初めごろ。半年はこのままということになる。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

木の葉は落ち

200810puut.jpg

鮮やかだった木の葉もすっかり落ちて枯れ枝ばかりの景色になってきた。

針葉樹はずっと青々としているが、広葉樹はこれから5月の芽吹きまで葉をつけないのだから1年の半分以上葉をまとっていないわけで、よく育つものだと思う。

10月半ばともなると、年によっては雪が降ったり最高気温もマイナスのことがあるが、今年はわりと暖かで日中の気温も10℃くらいまで上がっている。雨がちで天気は悪いけれど。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

今日の湖

200810jarvi.jpg

雨がちの天気が続いているが、湖の対岸にスポットライトのように日の光が当たってきれいだったので1枚。

うーん、でも写真にすると浮かび上がるような色だった美しさが再現できなくて残念。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

紅葉

200809ruska.jpg

そろそろ秋の長雨の季節のはずだが、このところ意外と雨が降らない。そのためか紅葉が鮮やかだ。

白樺はまだ黄色と緑の葉がまだらになっている。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

今日の湖

200809-jarvi2.jpg

だいぶ秋色になった今日の湖。

おっと…

[READ MORE...]

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

秋の気配
このところだいぶ涼しくなり、今朝は気温が5℃くらいで霜が降りていた。去年も初霜のことを書いたので、いつだったかなと思ったら8月31日だった。だいたい同じくらいか。

住宅の共有地にあるりんごの木はたくさんの実をつけ、そろそろ食べごろだ。

200809omena.jpg

写真では大きさが分かりにくいが直径5~6cmくらいのもので、日本のりんごよりだいぶ小さい。味もすっぱくて、生食より焼いたり煮たりするとおいしい。

白樺の葉もところどころ黄色くなってきた。日の入りはまだ20:30だが、10日で1時間ずつ日が短くなっていくので気がつくとずいぶん暗くなっている。秋の始まりだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

ナナカマドの実

200808pihlaja.jpg

ナナカマド(pihlaja)があちこちで赤い実をつけている。

ナナカマドが実をつけるのはこんなに早かったっけ? このところ雨が多くて秋みたいではあるが…。

しかも例年よりたくさんの実がなっているような気がする。ナナカマドの実が多いと雪が多いという言い伝えがあり、数年前に実が多かった時の冬は本当にそうだったのだが、さてこの冬はどうなるだろうか。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

ベリーの季節
今年は天気がよく暑い夏だと思っていたが、今週になって急に気温が下がり雨がちになった。

いちごはそろそろ終わりだが、いろんなベリーが実る季節が近い。新聞などによると、今年はブルーベリーの出来が悪いが、キイチゴは豊作だそうだ。

キイチゴは栽培ものも売っているが、野生のももうできはじめていて、犬の散歩をしながらつまんで食べたりする。キイチゴは日当たりのいいところによくなるので、散歩道で見つけやすい。野生のはすっぱいが味が濃くておいしい。

200808vadelma.jpg

スグリもたくさんなっている。スグリは黒、赤、白とあって赤と白はすっぱいし黒ははっきりしない味で、どちらにしても生より加熱した方がおいしいかな。

ブルーベリーといえば、野生のは不作かもしれないが庭木のブルーベリーはたくさんの実をつけている。もう少しするとコケモモも取れるはずだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

庭のさくらんぼ
200807kirsikka.jpg

2年前に植えたさくらんぼの木に実がたわわになった。

高さ1.5mあるかないかなのに驚くほど実をつけていて、市販のさくらんぼよりは酸っぱいけれどおいしい。

1週間ほど前に相当な数を取って、隣におすそ分けまでしてしまったのだが、その時はさらに酸っぱく、そういう種類の木かと思っていた。もう少し待てばよかった。

一方、去年たくさん実をつけたりんごの木は、今年はひとつの花も咲かなかった。来年は逆になるのかな。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

旅行に行きます
明日早朝から1週間ほど、ヨーロッパ南部に旅行するため更新やコメント返信ができませんが、どうぞよろしく。

白夜の湖ともしばらくお別れ。戻ってきたころにはもう少し暗くなっているかな。

200807yo.jpg


ブルーベリー

200807mustikka.jpg


朝、犬の散歩をしながら近くの森に入っていってみたら、野生のブルーベリーの実がもう色づき始めていた。

普段の年なら8月ごろが旬なのだが、今年はずいぶん早くできているようだ。しかも数が多いように思える。ブルーベリーは年によってできが違い、去年は不作だったと記憶している。今年はたくさん採れるかな。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

花盛り

200806sireeni.jpg


信じられないほど長くいい天気が続いている。あちこちでライラックが満開、うちの庭にもあって、近くを通るとさわやかないい香りがする。となりにはバラが咲いていて、これもいい香りだ。このバラはユハンヌス・ルースといって夏至祭(ユハンヌス)のころに咲くバラなのだが、もう満開になっている。

その下にはイチゴの小さい花が咲き乱れ、庭のはずれたところではルピナスの花がたくさん咲いている。もうじきスズランも咲くだろう。

陽射しは強いが風はさわやかで気持ちがいい。ここはこんなに快適なのに、私は今日から日本へ出張(+少し休暇)なのだ。もちろん日本もいいことがたくさんあるけれど。

というわけで、ブログはしばらく更新が滞ると思いますがあしからず。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

好天続き
20080528.jpg


このところ、ずいぶんよい天気が続いている。温度差が大きくて朝は結構冷え込み、今朝も少し霜が降りているのを見たが、午後には暑いくらいになる。真夏のようだ。

日も長くなって日の入りは午後10時半ごろ、それからも夕焼けが続き、夜中に起きても空が明るい。白夜の季節だ。

夏の初めにこんないい天気になると、夏の盛りは逆に雨がちだったり寒くなったりすることがあるので、ちょっと心配なのだけれども。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

ワラビ
白樺がすっかり芽吹いたので、今日サウナに入るにあたりヴィヒタ(白樺の若枝をたばねたもの)を使おうと思って近くの森に取りに行った。

白樺の若枝を切っては袋に入れていたら、ワラビが生えているのを発見。

200805sananj.jpg

ワラビ3本。どれがワラビか分からない場合は写真をクリック

まだ生えてきたばかりで、茎と穂先の両方が地面に着いて輪のようになったものが多いが、若い方が味はいい。早速取り始めたら20本かそこらは取れた。

フィンランド人はワラビを食べる習慣がないので、森ではワラビが取り放題なのだ。日本のより太めで味もまずまず。

それにしても早い。いつもなら取れるのは5月末ごろからなのに、こんな時期に生えてしまっていいのだろうか。やはり相当暖かいのだろう。

このワラビは今灰汁で処理中。明日の夕食には食べられるはずだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

花粉症
先週末、「あと10日くらいで芽吹きか」と書いたのだが、その後10日どころか3日ほどで白樺が芽吹きだした。今年もずいぶん早い。白樺のうすい緑がきれいだ。

200805koivu.jpg


天気もよく、さわやかなのだが問題は花粉。日本では花粉症というとまず杉だが、ここでは白樺である。

数年前まで自分は花粉症など無縁と思っていたのだが、ここ2~3年この時期にくしゃみや鼻水が出始め、昨年アレルギーテストを受けたら白樺やpujo(ヨモギ科の草)にアレルギーがあると判明してしまった。

今年は早めに薬を飲み始めている。Aerius という抗ヒスタミン剤で、症状が出始めてから抑えるものだ。日本ではザジデン等というのだったか、2週間ほど前から飲み始めるアレルギー自体を抑える薬が一般化しているらしいが、医者に聞いてもそういったものはないのだそうで、抗ヒスタミン剤を処方してもらうしかないらしい。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

春の陽気
20080426.jpg


ここ数日、とてもいい天気が続いている。朝は0℃前後まで下がり霜も降りるけれど、日中は15℃を超える陽気になって温度差が激しい。日が急に長くなって、夜は寝るころ夕焼けが見えている。

木々はまだ芽吹いていないが、白樺の小枝をよく見たら細かい緑の芽が出かかっていた。ブログを見返したら、去年は4月29日に芽吹きが始まったと書いたのだった。今年はどうだろう、あと10日くらいか。それにしてものどかな天気だ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報



プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。