スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖で長距離スケート
今日はタンペレ市の湖の上のスケートコースを滑ってきた。

200702luistelurata.jpg


フィンランドでは冬になると学校の校庭や公園などあちこちにスケートリンクができ、学校の体育もスケートが主になるのだが、湖は冬の間雪がつもってしまうので通常スケートはできない。スケートするには除雪してコースを作る必要がある。このナシヤルヴィ湖に作られるコースは1周4km以上のコースが2つ、両方をつなげてすべると8kmという長さのものだ。

このコースはときどき新聞に載ったりするので、1度は行ってみようと思っていたところ、今日ちょうど通りかかる機会があったのだ。

結構多くの人が滑りに来ている。が、さすがに広いので、しばらく滑っていくと人はもうまばらにしか見えなくなる。

コースの幅は5mほどか。氷はところどころ透明で真っ黒に見えるところがあり、ひび、というか氷の継ぎ目がその透明な氷の中に下まで続いているのが見える。氷の厚さは数十cmはあるだろうから、ひびがあるといっても割れる心配はない。

氷の表面にはところどころ薄く雪が残っていたりするのでとても滑りやすいというわけではないが、見渡す限り広い湖でスケートするのはなかなか気持ちのよいものだった。気温は -10℃ほど、風が当たるときは耳が痛くなった。

スケーターは老若男女、速い人も遅い人もいる。フィンランドでは、お約束のように男はホッケー、女はフィギュアスケートの靴を履くのだが、こういうところでは長距離用のスケート靴を履いて飛ばしていく人も多い。長距離のスケートはブレードが長くがっしりした作りになっている。自作なのか、アルミサッシのようなものを荒っぽく切ってブレードにしたとしか思えない靴を見たときはびっくりした。

コースの片方はクローズドになっていて、4.2kmのコースを息子は2周、われわれ夫婦は1周した。コースは無料で、維持のためのカンパを集めていると聞いていたのだけれど、お金を入れるようなところはなかった。

1周滑るのに20分くらい。なかなかいい運動になって、この寒さの中でも終わる頃には汗をかくほどだった。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/81-b8497ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。