スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味覚教育
17日付のAamulehti紙によれば、ヘルシンキ大学農林科学部の「味覚教育プロジェクト」で、小学生の食物嗜好に味覚教育がどのように影響するかが調査された。この教育の結果、子供の食わず嫌いは減り、さまざまな味や香りが認識できるようになったことが明らかになったそうだ。

味覚教育は1年おいて2期間行われ、1期間は1回75分の授業を週に1回10週間というものであった。子供たちはさまざまな香りをかいでみたり、「苦さ」、「激辛」を味わったり、いろいろな食材や料理の味や見かけを確かめたりした。

子供たちはなんと「うま味」についても学習している。Umami は今や国際的な学術用語になっているとは聞いていたが(⇒Wikipedia)、それを実際に学習しているとは。

調査の各段階で、子供が家でどのような食べ物をいやがるか、変わった食べ物に対してどう振舞うかが調べられ、これに基づいて拒否反応を示す10の食材がリストアップされた。それは

・ドイツ風のソーセージ
・魚のからし漬け
・ヤギ乳のフレッシュチーズ
・なす
・クスクス
・すし
・椎茸
・そば粥
・腎臓(キドニー)料理
・グァバ

だそうだが、この中ですし椎茸という2つの日本の食べ物があるのは驚きだった。椎茸は、ここ数年スーパーなどで時々見られるようになってきてはいるけれどもまだそれほどポピュラーではない。しかも傘も小さくて薄い、弱々しいものしか売っていない。

すしは、実際どんなものが供されたのだろうか。私は食べたことはないのだが、フィンランドで「すし」といって売られているものはすし飯が甘く、本来のすしとはかけ離れたものだということをよく聞く。逆に間違った味を教えているのでなければいいのだが…。

このプロジェクトでは2年生と5年生を対象としたが、低学年の方が見知らぬ食べ物への恐れ克服に効果があったそうだ。リストの中で子供たちが受け入れられる食物の数は、味覚教育前には平均3つであったが後は5つに増え、しばらく経過した後での追跡調査でも味覚の認識など学習の効果は残っているという。

味覚教育は小学校の教育に取り入れるべきだという意見もあるが財源が問題だそうだ。

スウェーデンでは教師への教育などがすでに進んでいるらしい。

私が(そしてフィンランドで多くの非フィンランド人が)思うには、フィンランド人はかなり料理や食材に対して保守的というか、新しいものを求めようとせずいつも同じような、可もなく不可もないような味の料理を食べる傾向がある。

外国旅行をよくする割には外国の珍しい食べ物をフィンランドで食べたいとかいった、食に対する貪欲さがないように思う。そのためか食品売り場の品揃えも乏しく、新しいものがなかなか取り入れられない。こういった教育をとおしてフィンランド人の食の範囲が広がればありがたい。

こんにゃくも試してみればよかったのに(笑)。


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント
へぇ~面白いですね
家族の食の管理担当の主婦として とても面白い興味深い記事でした。椎茸、お寿司の他、ソバ粥なんていうのもリストに入っているのですね。・・それと、こんにゃく、フィンランドの人たちの反応聞いてみたかったですね(笑)
【2007/02/20 05:00】 URL | lemon #- [ 編集]

Re: へぇ~面白いですね
lemonさんこんにちは。そば粥は、日本で言うものとはだいぶ違っておそらくオートミールに似た感じのものだと思います。大人でもそれほどよく食べるものとは思えないんですけどね。

【2007/02/20 18:00】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]

スウェーデンも同じです
常日頃、スウェーデンの食生活の貧しさを嘆いていますが、フィンランドも同じ状況なのですね。 味覚教育、スウェーデンでそれほど進んでいるとは思えませんが・・・ 将来おいしいものを、この国でも食べれるように、教育していただきたいものです。
【2007/02/23 20:35】 URL | Kanel #H6fZzPnk [ 編集]

Re: スウェーデンも同じです
そうですね、フィンランド、スウェーデン、ノルウェーは味覚からいうとあまり楽しいところではないですね。食のバリエーションもあまりないですし。以前よりは少しずつ改善している気もしますが、まだまだですね。

【2007/02/23 23:27】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/78-b2755433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。