スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『欲ばり過ぎるニッポンの教育』(3)
もうひとつ、この本ばかりではないが、フィンランドでは教師は修士以上ということもあって「フィンランドの教師は優秀」とよく言われるので、その点について一言。

私はどちらの国の教師がより優秀といえる材料は持っていない。しかし、今までに何度も書いたように、フィンランドでは授業日数が少なく授業時間も少なく、ホームルームも掃除もクラブも学校にはない。進路指導も生活指導も校外でのトラブル処理にも無縁だ。授業が終わっても長く学校に残って仕事をするということもないし休日にクラブの引率なんてこともない。こんなふうに拘束時間が短く、タスクは教科指導に絞られている。学級の生徒数も少ない。

だから良い指導ができて当たり前、とまでは言わないが、日本の先生だってこういう状況なら良い教え方ができる余裕も生まれてくるのではないだろうか。長時間労働、多岐にわたる仕事、大学級という土俵の違う日本の教師と比較するのはフェアでないだろう。

さらにいえば、「こういう指導をします」とか意気揚々なビジョンを示しながら実際には実行できなかったとしても、「事情があったのだからしかたないね」と個人を責めないというのがこの国の不文律である。日本だとずっしりと責任を感じ、追い詰められてしまうことが多いのではないだろうか。

親の方も学校には基本的に知育しか求めず、他の教育は家庭やサークルや地域社会で行われるのだが、これも親に時間的余裕があってこそだ。たいていのフィンランド人は5時には帰宅して一家で夕食がとれる。休暇は基本的に年5週間。子供と過ごせる時間が充分にあるのだ。

まあこんな社会構造の中だから、教師が「有能」でいられるのだと思う。

愚痴になるが息子が転校したときのこと、当時の担任にどういう手続きをしたらいいか聞いたら転校元の校長から転校先の校長に連絡するのだそうで、転校の件は校長に伝えておきますと言われた。が、時期が差し迫っても音沙汰がないので転校先の校長に連絡を取ったら何も聞いていないと言われた。伝言ゲームがどこで途絶えたのか知らないが、こういったトラブルはこの国ではよくあることで、実害がなかったから詳しくは調べなかったが、一事が万事これだから私は括弧付きの「有能」にしたくなるのだ。

有能かどうかはともかく、フィンランドの先生の方が自信にあふれているとは思う。もっとも教師に限らずどんな職業でも辟易するくらい自信家が多いのであるが。

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント
わたしも誤解してました
はじめまして。グズてつと言います。
「欲ばりすぎる…」を読み,そこからだけでフィンランドの教育を理解していました。在住の方のお話しは大変参考になります。
他のページも,改めて拝見させていただきます。
なお,トラックバックいたしました。どうぞよろしく。
【2007/03/08 18:18】 URL | グズてつ #- [ 編集]

グズてつ さん
はじめまして。参考になったようでしたら幸いです。「欲ばりすぎる…」はいいこともたくさん書いてありますが、ついひとこと言いたくなってしまう部分もありました。
ブログ拝見しました。きれいな写真多いですね。今後ともよろしくお願いします。
【2007/03/08 21:03】 URL | Sommoro #- [ 編集]

多忙感
日本の教師は、本当に多忙です。
24時間仕事のことを考えていなくてはいけない・・・と考えている同僚も多くいます。
だから独身率が異常に高いのかも知れません。

「フィンランドの理科教育」を読んでまず感じたことは、フィンランドの教師には余裕と自信があるということでした。
日本の教師はとてつもなく社会から良い意味でも、悪い意味でも期待されています。
うまくいけば絶賛されますが、少しでも失敗すれば罵倒されます(どの企業でも同じかも知れませんけど)。
特に学習指導よりも生活指導に重きが置かれている傾向もあるんです。
教師への風当たりはここ数年かなり強いです。
とても「社会的地位が高い」職業ではありません。

本当のプライドをもって、子どもたちと接することができれば、日本の教育もいい方向へ行くと思います。
ちょっと愚痴になってしまいました。申し訳ありません。
しっかり未来にベクトルを向け直して精進していきます。

今後ともよろしくお願いします。
【2008/02/06 23:07】 URL | hirarin #/x0jLE/2 [ 編集]


本当に日本の先生は大変ですね。もう少し保護者も、教師や学校にばかり
責任を押し付けないようにすればいいのではないかと思うのですが。
本文にも書きましたが、フィンランドのように余裕があれば、学習指導もしやすく
なるでしょうね。
ところで、フィンランドでは教師は社会的地位が高くて尊敬されているという話も
よく言われるのですが、私はあまりそのようには感じません(私自身、フィンランドで
教員をしていたこともあるのですが)。まあ、教師に限らず職業によって地位が
高いとか尊敬されるという風潮があまりないと思います。
【2008/02/06 23:44】 URL | Sommoro #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/75-e0a3b733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。