スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『欲ばり過ぎるニッポンの教育』(2)
前回に続いて、苅谷剛彦+増田ユリヤ著『欲ばり過ぎるニッポンの教育』のフィンランドに関する部分について。

まず、「フィンランドでは高校進学率が60%」と繰り返し書き、日本がそうであれば学校にまつわる社会問題は少ないだろうというが、フィンランドで残り30%が進学する職業学校で大きな問題があることは検証していないし、住んでいてもそんなことは聞かない。

フィンランドの学校での問題の少なさ(日本に比べて)は、別のところで書いてあるように、学校が知識の提供に目的を絞っていて日本のように生活指導を度外視しているという理由の方が大きいと思う。だから60%という数字を何度も持ち出す意図が解らないし、そもそも60%という数字自体が中学卒業後の「職業学校」を高校に含めるかどうかで恣意的に決められる。本にも書いてあるように、この職業学校からは大学へも進学できるし、「共同応募」で普通高校と併願もでき、単位の交換さえできる。こういう学校を高校と呼ばず高校進学率に含めない方が不自然であろう。実際、「職業高校」と訳している資料もある。これを高校に含めれば高校進学率は90%を超えることになり、日本と大差ないから60%という数字を強調する意味がない。

さらに、

これをフィンランドみたいに、たとえば大学進学率は15%でいいとか、誰もが行かなくてもいいんだ、という仕組みをつくっていれば

という記述はフィンランドの大学進学率が15%と誤解されやすいし、実際にこれを読んで誤解している人も書評やブログで散見される。

そもそもこの15%というのはフィンランドにおける大学進学率でもなんでもなく、「日本の高校進学率が60%だった頃の大学進学率」なのだが、フィンランドとの比較の中でこの数字を何回も持ち出すのだから誤解されてもしかたがないと思う。ちなみにフィンランドの実際の大学進学率はWikipediaによれば87%となっている。

また「フィンランドには大学が21校しかない」と何度も書かれているが、人口比でいえば1校あたりの人口は日本の1.5倍にさえならず、驚くような少なさではない。人口当たりの国立大学数でいえば、むしろフィンランドの方が何倍も多い。

フィンランドの高校の厳しさは、単位取得や卒業資格試験についてはそのとおりだが、日本の方が余裕があるというのはどうだろう。この本で「フィンランドの高校」というのは大学進学を前提とする普通高校を指しているのから、日本での比較対照は大学受験予定の高校生であるべきだろう。であればフィンランドの方が余裕をもって高校生活を送っているように見える。日本と違って予備校も塾も模試もないし、書店でも参考書や問題集さえ売っていない、受験産業のない国なのだから。

スウェーデンの教育とフィンランドとの違いとして、スウェーデンで間違ったことを平気で教えてしまっても、あとで正せばいいとして頓着しない様子が書かれている。しかしこれはまったくフィンランドでも(いやヨーロッパのどこでもか)起こるようなことで、フィンランドとスウェーデンの違いの例として適切とは思えない。

またある講演会の内容を、

フィンランドの小学生は3年生で英語、4年生でスウェーデン語(公用語)、8年生でドイツ語かフランス語を学んでいます。

と引用しているが、これはかなり不正確で誤解を招く言い方だ(外国語履修については⇒2月4日の記事)。が、これに対して文中で何もコメントしていないので、この本を読んでこれがフィンランドの外国語学習と思い込む人も多いのではないか。

さらにこの点に関して、苅谷氏は

発音も日本語よりずっと英語に近い

と言っているが、フィンランド語の発音は「ずっと英語に近い」とはとてもいえない。英語話者と日本語話者が一からフィンランド語を始めると、発音がいいとほめられるのは日本語話者の方だ。ヨーロッパの言語だから英語に近いという思い込みがあるのかもしれないし、他の北欧語は実際そうなのだが、フィンランド語は実は英語とまるで違うのである。

他にもいろいろ言いたいことはあるのだが、自分がフィンランドに住んでいるからか、フィンランドに関する記述や分析については誤りや不正確な点が目立つ。さらに悪いのは、文字通りに解釈すれば間違いとまではいえないが、上に挙げたように素直に読めばまず確実に誤解を与えてしまう点がとても多いということだ。

日本とフィンランドの教育の比較という点ではとても期待できる本だっただけに残念である。


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント
是非読んでみたいです
 フィンランドから見ると,必ずしも正しく実情を把握していないということですね。確かに,日本の側から見た場合,違った見方をしてしまうこともありそうです。筆者が意図的にそのように記したかどうかが問題ですが。
 いずれにしても,Sommoroさんのご指摘は「なるほど」と感じます。
 もっとも,この著書は,「日本の教育の問題点」という視点では,良いことが書いてあるようですね。ちょっと読んでみようと思います。
 
【2007/02/12 04:49】 URL | つくい #gGiHTux6 [ 編集]


初めまして、日本在住の中学生です。
去年の冬ごろから拝見させていただいてます。
自分はこの本を読んだことはないのですが、事実との食い違いのご指摘にはうなずけるばかりで、鵜呑みにすることの怖さが改めて実感できました。
今度ぜひ、読んでみたいと思います。
【2007/02/12 10:28】 URL | 祐二 #US7Is6OM [ 編集]

つくいさん
はい、問題点の指摘という点ではもっともな内容が多いと思うのですけれどね。
教育問題に造詣の深いつくいさんのご意見を聞いてみたいです。
ブログ、いつも拝見しています。
【2007/02/12 17:06】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]

祐二さん
そんなに前から読んで下さっていたとのことで感激しています。
この本に限らず、「間違っているかもしれない」可能性も考えながら読むことは大事ですよね。特にフィンランドについては、日本では間違った情報も独り歩きしがちで心配です。
日本の中学生という視点から、フィンランドや教育のことについてまたコメントしていただければうれしいです。
【2007/02/12 17:12】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]

40%
12月のへサリに、首都圏の職業学校の中退者率の記事がありました。
ヘルシンキだと40%くらい中退しているみたいですね。
内訳は、仕事が見つかって、合わなくて、理由不明など。
それに比べてヴァンターでは中退者が減ってるとありました。

日本では、フィンランドのいい所ばかり伝えられているみたいですね。
色々と勘違いされていそうで怖いです。
【2007/02/12 18:27】 URL | nuutajarvilainen #A.5s70/U [ 編集]

nuutajarvilainenさん
こんにちは。そんな記事があったんですか。参考になります。ありがとうございました。ヘルシンキとヴァンターの差は何なんでしょうね。
職業学校では、たしかに仕事が見つかると中退する人も多いようですね。移住してきて職業学校に行く人が結構いますが、そういう話をよく聞きます。
【2007/02/12 20:55】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]

嗚呼、早合点!
sommoroさんからのコメント内のURLを拝見して飛んできました。・・で、スミマセン、私 sommoroさんは 日本在住の私と同年齢くらいのお母様と 完全に思い込んでしまっていました。ですから、返信の私のコメント、ハートの絵文字をたくさん使ってしまい、失礼しました~~。

フィンランドにご家族で住んでおられるのですね。うちにも 高一の息子と中一の娘がいることもあって、フィンランドの教育に関する記事は私もとても興味を持っておりましたので、これからも sommoroさんのブログ 拝見させていただきます。
【2007/02/14 04:08】 URL | lemon #- [ 編集]

私も早合点しました・・・
lemonさんのブログのコメントから、私もlemonさんと同じような早合点をし、こちらを訪れました。 思いがけない内容と共に、とても興味深い内容で、これからも拝読させていただきます。

スウェーデン在住ですが、南の方なので、フィンランドはそれほど身近でないけれど、気になる国です。
【2007/02/14 12:56】 URL | Kanel #H6fZzPnk [ 編集]

lemonさん、Kanelさん
わざわざこちらまで来ていただきまして、ありがとうございます。ちょっと場違いだったかなと実は思ったのですが、マウリ・クンナスファンと聞き嬉しくてついコメントしてしまいました。
Kanelさんはなんとお隣の国にいらっしゃったんですね!今後ともよろしくお願いします。
【2007/02/14 22:53】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]

理解の難しさ
はじめて読ませていただきました。
指摘されていること、勉強になりました。あの本は私はそういうふうには読んでいないのですが、読み手(住んでいるか、知っているか等)で変わるというのが実感ですよね。ただ、日本に住んでいて、日本で子育てし、日本で学び、日本で研究していても日本の教育現実についても議論百出ですから(実証主義であっても、つまり資料の扱いさえですよ)・・・。
 ですから、ここのような見方も必要です。ただし、それは物事への対応(つまり先に書かれたものへの反感や共感)があってのことです。その意味ですばらしい本ですね。実は批判される本ってありがたいものです。そして、ぜひ、本に書かれてはいかがですか。
 すばらしい事実をお持ちのかたは、それをひろく共感をもとめるなら・・・。それだけの具体的な事実なら・・・。そのときにまた、リアルに読ませて学ばせていただきます。ちなみに私も何度か訪れてはいるけど、書いていない者です。
【2007/02/15 16:15】 URL | Naruto #nEx7PFYA [ 編集]

Narutoさん
コメントありがとうございました。そうですね、いろいろな読み方が可能ですね。私は本自体を特に批判したいわけではないのですが、やはり在住者としてはフィンランドについて誤解してほしくないなと思ってしまうわけです。
今までにも何度かお読みいただいたようで、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
【2007/02/15 23:02】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/74-ede13cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。