スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デカメートル?デシメートル?
200701yksikot1.jpg

息子の算数の教科書(6年生)


長さの単位の学習なのだが、metri(メートル)を中心としてキロメートル km、ヘクトメートル hm、デカメートル dam、メートル m、デシメートル dm、センチメートル cm、ミリメートル mm が表で表され、それぞれの単位の変換を習う。

しかしヘクトメートル、デカメートル、デシメートルって…?

太字で表されているキロメートル、メートル、センチメートル、ミリメートルはフィンランドでも日本でもよく使うが、それ以外はまず絶対使わない。

補助単位として100倍のヘクト、10倍のデカ、10分の1のデシをメートルと組み合わせて理解するのはいいにしても、変換の練習までしたって何の役にもたたないだろう。そう思った。

しかし後になって面積で平方キロメートル、平方ヘクトメートル…、さらに体積でも立法メートルから立法デシメートル、立法センチメートル…という単位が紹介されてやっと気づいた。

200701yksikot2.jpg


200701yksikot3.jpg


この方式だと、長さで1桁違うときに面積で2桁、体積で3桁ずつ変わっていくことがひと目で分かるのだ。

平方メートルと平方キロメートル、立法メートルと立法センチメートルといった単位の変換は大人でも間違いやすいし、こういった次元と桁の関係をよく理解していなくて、「1平方キロメートルは1000平方メートル」と計算してしまう人さえいる。

「長さの倍数は面積では2乗、体積では3乗になる」と抽象的に教えられるよりは、実用でない補助単位を使っても1桁ごとの違いを実感する方が分かりやすいのかもしれない。日本の小学校の算数では、この単位変換は今どのように教えられているのだろうか。

ここからは余談だが、実は私はこの単位の変換について忘れられない小学校のときの出来事がある。


そのころ私はクラスでまあ優等生だった。特に算数については。ある日、算数の授業で担任の先生が問題を出した。

5000平方センチメートル × 2 は何平方メートルか?

たくさん手が上がり、先生が当てては答えていく。

「10000平方メートル」

という答えを支持するクラスメートが多い。違うよ、単位をメートルに直してないじゃないか。私が100で割ってメートルに換算した答えを言う。絶対の自信がある。

「100平方メートル」

その理由も説明するが、なぜかあまり賛成が得られない。先生はどれが正解とも不正解とも言わず、出た答えを板書しながら生徒にどんどん答えを言わせる。最後に、クラスの中でもかなりトロいと思われていた男の子が言う。

「1平方メートル」

いくらなんでもそんなに小さくなるわけはないだろう。彼は理由を説明しようともしない。検討に値する答えでもない、と私は高をくくっていた。

全員が答えを言い終わると、先生は長方形の紙を取り出し、みんなに見せながら聞いた。

「これは縦が50cm、横が100cmだから面積は?」

「5000平方センチメートル」誰にも異論はない。

先生は同じ大きさの紙をもう1枚取り出した。それを上下にくっつけて1つの正方形にする。「これが何平方メートルか考えてみよう。1辺が1mの正方形だから?」

「…1平方メートル。」

「つまり最初の問題に戻って、5000平方センチメートル×2は?」

「1平方メートル」

疑う余地がなかった。センチメートルをメートルにするには100で割るというゆるぎないはずだった法則が自分のなかで崩れていくのを感じた。

その後、説明を聞いて納得したが、この強烈な体験のおかげで私は平方・立方での補助単位の換算を完全にマスターしただけでなく、自分がちょっとできるからといって他人の考えを見下すことのいましめにもなった。

あの先生は今でもお元気だろうか…。

テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント
はじめまして
調べごとをしていたらたどり着きました。

IDEAPALKKIは車がないので行った事がありませんが、チラシだけ見ています。
日本食レストランもあるそうですね。

フィンランドの義務教育は受けていないので、興味深いです。
これからも寄らせていただきます。
【2007/01/14 16:20】 URL | nuutajarvilainen #A.5s70/U [ 編集]

nuutajarvilainenさん
はじめまして。フィンランド在住の方でしょうか。
Ideaparkの日本食レストランは、タンペレにあるMarusekiの支店みたいです。私は入り口で見ただけですが、寿司のメニューがいろいろありました。
今後ともよろしくお願いします。
【2007/01/14 23:26】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]


はじめまして!
仕事で面積の単位の変換を調べていてたどりつきました。

いや~、助かりました!
算数の参考サイトなどでは書いてなくて…

おかげさまで仕事が進められます!ありがとうございました~
【2007/02/16 07:00】 URL | 小太郎 #- [ 編集]

小太郎さん
はじめまして。そういうお役に立つとは思いませんでした。
お仕事がんばってください。コメントありがとうございました。
【2007/02/16 14:17】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]


こんにちは。

初めておじゃまします。

フィンランドには行ったことはありませんが、きっと静かなところでしょうね。

いずれ行ってみたいと思っています。


ところで、

記事にリンクを張らせて頂きました。

リンクした記事はこちらです。

http://blog.success.upper.jp/?eid=882631

よろしくお願いいたします。
【2008/06/03 16:45】 URL | 塾長 #DaqWDIIE [ 編集]

塾長さん
こんにちは。

ええ、日本に比べれば静かでのんびりとしています。
日本人には少々刺激が少なすぎるかもしれません。
貴ブログも拝見します。ありがとうございました。

【2008/06/03 17:33】 URL | Sommoro #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/61-65ee2e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。