スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接線?接戦?
息子の日本の教科の勉強は、主に海外子女向け通信教育の教材や問題を使っているのだが、わが家ではなるべく問題文や教科書を音読させることにしている。

そうでないと、読み方を間違って覚えているのに気づきにくいからだ。

たとえば「境内」という言葉を、うっかりすると「きょうない」と読んでしまったりする。ふりがながあったりして読み方が書いてあったとしても油断はできない。というのは「けいだい」と書いてあっても、平板アクセントで「慶大」のように読み、その読み方を覚えてしまったりするからだ。

われわれ大人からすれば、アクセントの位置は当たり前のことが多いのだが、子供にとって初めて見る漢語にふりがなが付いているだけでは正しいアクセントで読めるとは限らない。

フィンランド語では常に語頭が強くてアクセントの違いで区別する言葉がないので、日本語のこういった差に鈍感になってきているのかもしれない。

問題は国語だけではない。数学でも理科でも社会でも、日常生活では耳に入る機会がなく教科書で初めて出会う言葉というのは思いのほか多い。

たとえば数学なら、「等分」「対称」「垂線」「接線」という言葉が出てくるが、これらはそれぞれ「糖分」「大将」「水洗」「接戦」とアクセントで区別しなくてはならない。こういった例は枚挙にいとまがない。

ふだん家庭内で使う言語は日本語だから日本語の発音については心配ないと思われがちだが、生活の語彙は限られていて、教科書に初めて出てくるような言葉は耳から入ってくることがほとんどなく、正しいアクセントで読むのは意外と難しい。語彙を養うのに読書がいいと言うけれども、読書ではアクセントは習得できないし。

漢字の表記だけからアクセントを推定することはできないのだろうか。たとえば同じ「接」の字で始まっても「接線」は頭高アクセント、「接戦」は平板と、アクセントのルールはないように思える。としたら大人はどうアクセントを習得したのだろう。やはり実際に読まれるのを聞いたのだろうか。だとすると息子のように日本語は家庭生活だけという状況だと、なかなか習得しにくいだろう。

辞書、特に三省堂の国語辞典を引けば、アクセント型が数字で書いてあるので正しい読み方を知ることはできるが、新しく知った全ての語を辞書で引けとまでは言えない。いつも分からないというならともかく、間違っていないことも多いのだから。

結局音読をさせておかしなところを直すことになっている。


テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント
たいへんなのですね
確かに,日本語の習得の源は,ご両親しかないので,たいへんなのですね。
「日常用語」と「それ以上のもの」の違いが,ここで初めて実感としてよく分かりました。
しかし,日本の教育は学校任せ・塾任せになりがちですが,外国だと,そういうわけにもいかないということが,この点でもよく分かりましたが,親にとっては本当にたいへんですね。
親は優れた教育者でもあらねばならない,ということで。
【2007/01/08 11:40】 URL | つくい #gGiHTux6 [ 編集]

Re: たいへんなのですね
私も日常用語と学校の教科で使う語彙のギャップがこんなにあるとは経験するまで気づきませんでした。
ところで関西でも「等分」と「糖分」、「垂線」と「水洗」、「接線」と「接戦」といったアクセントの区別は同じなのでしょうか?
【2007/01/08 23:04】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]

あはは,確かに
そういわれると,なんだか分からなくなりますね(笑)。
確かに,とーぶん,すいせん,せっせんは,関西弁であってもアクセントは違うような気がしますけれども,転勤族の子だった私は,正面からまじまじとアクセントの正否を問われると,東京弁と名古屋弁と関西弁のどれがどれだかわからなくなってしまって混乱します。
バイリンガルゆえの悩みを,方言の混同で,はじめて実感したような気がします(笑)
【2007/01/09 17:12】 URL | つくい #gGiHTux6 [ 編集]

Re: あはは,確かに
なるほど、お子さんのころあちこち転校されたのですね。遠い地方に引っ越したりするとアクセントの点でも難しいでしょうね。
ありがとうございました。
【2007/01/09 22:18】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]


とても面白い話ですね。確かに生活用語以外の語彙を習得することは難しいでしょうね。
私も、大学に入り地方から来ている学生の方言を聞くと正しい発音がわからなくなってきます。
しかし、日本語ってすごいですよね!ひらがな、カタカナ、漢字…と外国人にとってはとても覚えることが苦しいようです(私だって苦しい!)。たくさんの意味をもつ日本語ってすごいなぁ~って改めて思ってしまいます。「箸」と「橋」とかね^^
【2007/01/16 18:14】 URL | un #- [ 編集]


その後、理科で「堆積」が出てきて「体積」のアクセントと区別させるのが大変です。
おっしゃるとおり、こちらで日本語の読み書きの複雑さを説明すると驚かれます。よく習得したものだという気もしますね。
【2007/01/16 23:37】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/57-c2e91ba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。