スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年度の履修登録
今週金曜日から第4学期の試験期間が始まるので試験勉強に忙しい(はずの)息子であるが,そんなさなか来年度の履修科目の登録が始まった。

登録はネットで行う。今学年の科目選択は入学前に提出していた希望調査にもとづき入学時にはすでに決まっていて,もし変えたければネット上で生徒が自由に変えられるというものだったが,2年目以降は完全に生徒が決めるようでまっさらな状態から始める。

単位制なので,自分のペースで履修計画をたてるのだ。卒業に必要な単位は75。うち必修科目の単位は息子の場合47.3である。今年度に登録した科目の単位が全部取れているとして,卒業には最少で残り41単位履修する必要がある。

各科目はいくつかの「コース」(kurssi)に分かれ,1コースは1学期単位(1学年5学期制)で週3時限の授業を受けて試験に合格すれば1単位となる。

これが日本のどのくらいの授業時間に相当するか考えてみると,息子の高校の授業は75分なのでもし45分授業なら1年間通しての週1時限に相当する。たとえば国語(フィンランド語),英語は各6コースが必修なのだが,これは1年から3年まで週に2時限ある場合と同じ授業時間になる。

授業に出ずに試験だけ受けるとか,提出物のみといったコースもある。その方が学習量は多めになって大変だそうだが。

どの科目も必修のみでなく任意のコースが多く用意されている。物理や化学は必修が1コースなのに対し任意はそれぞれ6と4コース。歴史は4コースが必修で任意が4コースなど。学年・学期が進むにつれて必修の足かせが減り得意科目や自分の受けたい授業が中心になっていくのでやりがいがあっていいと思う。クラブか趣味かというような楽しそうな科目,運転免許取得という科目もあって自動車学校の費用が割引になる上,単位として認められる。

履修登録は必修科目を取りこぼさずまた自分の受けたい授業が取れるように注意して,各学期ごとにコースを選択していかねばならない。同じコースでも教科担任の先生や時間の違うものを選べることもある。コースを決めると自動的に時間割も決まるし,逆に空いている時間によってコースが限られることもある。

1学年で無理なく取れる単位の数はだいたい30~35,この数のコースをこれから決めなくてはならないのだが,こちらを取ってはあちらをやめ,といろいろな条件を考えると選択には結構時間がかかる。急いで決める必要はないが,時には受けたい授業が定員に達して取れないこともあるのであまりのんびりしてもいられない。

これが息子の高校の履修登録のシステムだが,学校が違えば方式も違うかもしれない。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/494-ba1a3399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。