スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宗教」の授業
自然科、歴史、宗教の3科目を代わる代わる行う「期限授業」(教科については⇒9月13日の記事)は、古代ギリシャの歴史を終わって宗教の番になった。今年度になってから、宗教は初めてである。

フィンランドの国教はキリスト教(ルーテル派)なので、小中学校でもキリスト教を教えている。ただし、非キリスト教生徒はこの授業の代わりに道徳の授業を受けることもできる。うちはキリスト教ではないのでどちらでもよかったのだが、なるべくフィンランド人の子供たちと一緒に学び、同じ素養を身につけられる方がいいのではと思い、宗教を選んでいる。

昨年の宗教の時間は「マタイによる福音書」の内容が主で、イエスの出現から死までの軌跡を追う中で道徳的・倫理的な内容も盛り込まれていた。

他の教科と同様、家で息子に学校で習った部分の教科書を読ませて復習したのであるが、最初はものすごく大変だった。というのも知らないフィンランド語の単語が続出し、「乳香」とか「没薬」とか普段使わない言葉も多いし、辞書にいくつもの意味が書いてあればそのどれが該当するのか分からない。また単語がすべて解っても、「塩がその味をなくしたら、それはどこからその味を得るのか」など、本当にこういう意味のことが書いてあるのかと首をかしげることもしばしば。労ばかり多くて復習した気にもなれず、虚しかった。

が、あるとき気づいたのは日本語の新約聖書を対照して見ることだった。うまいことに聖書は節ごと、文ごとに番号が付いていて対照が簡単だし、そもそも教科書の各章に参照節番号が付いているではないか。そして日本語の聖書といえば、息子が日本で通っていたキリスト教系幼稚園で卒園記念にもらった子供向けのものがある!

200612uskonto.jpg

宗教の教科書(右)と卒園記念の聖書

というわけで、日本語の聖書を対照させて読むことで、だいぶ復習は楽になったのであったが、卒園記念の聖書をこれほど読んでいる家もないよね、などと笑ったものだ。幼稚園のクラスにはキリスト教徒はほとんどいなかったから。

さて今年はというと、去年と同じ教科書を使い、内容としては「使徒行伝」に移った。使徒行伝の後にはキリスト教史や他の宗教の紹介もあるようだ。授業でどの程度扱うか知らないけれど。

非キリスト教徒の私でも福音書のあらすじくらいはまあ知っていたが、「使徒行伝」はなじみがない。ちょっと読んでみたが、どうもストーリーがうまくつかめない。これで息子の復習を手助けできるのか。

ところが本人は割と楽観的で、宗教は教科としては得意な方だという。理由は「分かりやすいから」なのだそうだ。


テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

「宗教」と聞くとあまりいいイメージが湧かないですね。日本で報道されている宗教がらみのネタはあまり良い内容でわないですしね。しかし、息子さんが宗教の授業がわかりやすいっておっしゃっているということは、共感するところがあるのかもしれませんね。私は、きちんと勉強したことがないので詳しいことはわかりませんが少し関心があります。
【2006/12/21 17:58】 URL | un #- [ 編集]


宗教はやはり多くの人に広めるためなのか、ラジオなんかを聞いていても分かりやすい話が多いと思います。私もあまり宗教には縁がないですが、こちらではキリスト教が何かにつけ根付いていると思うことがよくあります。
【2006/12/22 00:05】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]


ラジオでもそういった内容が取り込まれているんですね。しかし、結局のところ宗教って何なんでしょうか。個々の宗派によって何かを信じることが宗教なんでしょうか。そうだとしたら、キリスト教とはどのような内容を知っておくことが必要なんだろう。何ができたらその宗派に属していることになるんですかね。ただ、信じて拝んでいるだけではないだろうし・・・。
【2006/12/22 20:11】 URL | un #- [ 編集]


キリスト教徒にも敬虔な人から名目だけの人まで様々ですよね。でもこちらでは公的な登録なんかでも自分の宗教を記入する欄が結構あります。教会に属していれば「キリスト教徒」となのですが、その場合は給料から1~2%の「教会税」が天引きされることになります。かなり高いですが、教会に属していないと結婚式や葬式を教会でできないですからね~。
【2006/12/22 23:33】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]


こんにちは。教会税という税金もあるんですね。教会税を払っていなくても、結婚式代を支払えば結婚式をあげられるとはならないのですか…?
意外と税金が多い国ですね…ッv-259v-353

ちなみに、Sommoroさんも教会税を支払っているのでしょうか。私は、まだ消費税ぐらいしか払っていませんね(笑)!
【2006/12/23 10:53】 URL | un #- [ 編集]


教会に属していなくても結婚式ができる方法があるかどうかは知りませんが、結婚式の少し前に登録して結婚式を挙げた後、年末になる前に離脱して教会税を免れる人が増えていると問題になっているようです。
うちは教会に属していないので教会税も払っていません。
【2006/12/23 21:17】 URL | Sommoro #p1QXke2c [ 編集]


なるほど!頭を使っている人もいるのですね。
【2006/12/24 09:28】 URL | un #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/49-f43e0859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。