スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン語免除
先日のことだが,10月10日に書いたスウェーデン語履修について免除の申請に対する決定の通知が来た。

無事申請どおり認められて息子は高校卒業までスウェーデン語の履修は免除されることになった。

決定自体の内容は短いものであるが,文書には「この決定に不満がある場合」の手続きについて延々と書かれていた。

申請どおりなのだから不満があるはずもないのだが。すべての決定通知に付けられているものなのであろう。さらにいえば,申請書を書くときどのように書いたらいいか分からないので校長先生に何か見本のようなものはありますかと聞いたらほとんど文章全体を書いてくれて,私はただ一部穴埋めをしただけだ。その提出先が校長先生本人,決定者も校長先生である。親切というか回りくどいというか,まあともかくこういう手続きのしくみなのだろう。

これでスウェーデン語の履修が必要なくなったのはいいが,フィンランド語は外国人向けの授業が代わりに必修となり,一学期に履修したスウェーデン語とフィンランド人向けフィンランド語の2単位は,自動的に必修科目からはずされて選択科目の単位として算入されることになった。つまりあと2単位余分に必修科目を履修しなくてはならないということだ。

まあしかたないことではあるが,学年が始まる前に判っていれば,と思う。

高校ではスウェーデン語が必修でない学校も少数あるが,現在のところ義務教育では必修で,これについての議論はしばしば持ち上がる。スウェーデン語が使われるのは西南部の沿岸地域に限られているためそれ以外の地域では関心は低めで,特に東部ではスウェーデン語を選択科目にしてむしろロシア語履修の機会を多くすべきという意見も多い。とはいえスウェーデン語もフィンランドの公用語のひとつだから簡単に選択化はできないだろう。しかし調査によればスウェーデン語話者でさえ40%はスウェーデン語の選択化に賛成ということなので,今後は変わっていくかもしれない。


この記事に対するコメント

フィンランドを旅行された方のブログ記事などで「フィンランドでは通りの名前は2ヶ国語表記」と書いてあるとヘルシンキ(やトゥルクやポルヴォー)はそうかもしれないけど、カレリア地方やラップランドに行ったらスウェーデン語にはなかなかお目にかかれませんよ・・・と思ったりしています(汗)。タンペレ市のHPですらスウェーデン語はなかったような?単言語自治体か2言語自治体かはルールで決まっているので通りの名前表記や町のHPはそれに準じているのかな?と思っているのですが。CDの解説なら多いのはフィンランド語に英語。・・・中にはフランス語やドイツ語まであるのにスウェーデン語がなかったこともありました。
【2011/02/05 09:06】 URL | suomesta #A8v7laDo [ 編集]

suomestaさん
たしかにヘルシンキやトゥルクだけ見ると「フィンランドではどこでも2言語表示」と思ってしまいがちですね。

いま見てみたら,タンペレ市のHPにはスウェーデン語がありませんでした。へぇー。ですね。

タンペレ市の観光サイト http://www.gotampere.fi/ ではスウェーデン語はありますが,「他の言語」扱いです。ここに日本語もありますが,タンペレ市の日本語ガイドは最近かなり充実してきました。

【2011/02/05 14:38】 URL | Sommoro #- [ 編集]


タンペレはムーミン谷博物館があるから日本語案内も需要はあるでしょうね。そもそもムーミン博物館のページにおけるスウェーデン語の地位が低い(ムーミンはスウェーデン語が原語なのにドイツ語より後)のが http://inter9.tampere.fi/muumilaakso/ 疑問の始まりだったのですが・・・。Jakobstad/PietasaariやIngå/Inkoo(スウェ語話者の方がフィン語話者より多い)自治体ではWikiでもSuomi以外の言語ではJakobstad、Ingåが見出しでフィン語名は補足扱い。 http://en.wikipedia.org/wiki/Ing%C3%A5 町のHPもスウェ語がメインでフィン語がサブ。Google Mapで例えばJoensuuを検索すると道の名前の表記でスウェ語は全然ない(ヘルシンキ、トゥルクは当然、二ヶ国語)とか調べてみて分りました。
【2011/02/05 16:09】 URL | suomesta #A8v7laDo [ 編集]

suomestaさん
本当ですね。ムーミン谷は,原語を尊重しなくていいのかともちょっと思いますが…。

タンペレも2言語の通りはなかったと思います。ただ,スウェーデン語学校のある通りでは2言語で表示されている表示板を見たことがあります。そのスウェーデン語学校のサイト http://www.samskolan.fi/index.htm を見るとスウェーデン語だけです。結構,言語の垣根というものは高いんでしょうかね。

【2011/02/05 23:24】 URL | Sommoro #- [ 編集]


その自治体で8%以上の話者がいるか、3000人以上の話者がいるかで2言語自治体か単言語自治体かが決まるようですね。因みにヘルシンキもトゥルクも(メインが)スウェーデン語って人は8%いないようです(3000人ルールに助けられている模様・・・)。タンペレはスウェーデン語話者が1%いかないようです。スウェーデン語の単言語自治体ってのもあるんですね。そこに行くとフィン語の標識はないのかも?ですね。
http://www.kunnat.net/fi/kunnat/ruotsinjakaksikielisetkunnat/Sivut/default.aspx
【2011/02/07 14:54】 URL | suomesta #A8v7laDo [ 編集]

Re: タイトルなし
オーランドの自治体はすべてスウェーデン語の単言語ですし,表示も港の以外ではフィンランド語はほとんど見ませんでした。話してもまず通じません。

http://fi.wikipedia.org/wiki/Tiedosto:Languages_of_Finnish_municipalities_(2009).svg

によれば,本土にもスウェーデン語の単言語自治体があるんですね。Pietarsaariはスウェーデン語地域として有名ですけど,単言語だったとは。一度行ってみたいと思っています。
【2011/02/07 20:35】 URL | Sommoro #- [ 編集]

訂正
おっとそうですね,Pietarsaariではなくその隣の Larsmo/Luoto でしょうか。となると上述の地図の塗り分けが間違っているかもしれません…。
【2011/02/08 21:13】 URL | Sommoro #- [ 編集]

Larsmo/Luoto
あまり一つの記事へのコメントが多いのもなんなのでこれで最後にしますがLarsmo/LuotoはGoogle Mapで見ると道の名前はスウェーデン語ばっかりでした。HPはフィン語もありました。車の運転、気をつけてくださいませ~。
【2011/02/11 18:21】 URL | suomesta #A8v7laDo [ 編集]

suomestaさん
そうですか,町でもやはりスウェーデン語ばかりが飛び交っているのでしょうかね。行ってみたいですね。

運転は気をつけます…。

【2011/02/11 21:38】 URL | Sommoro #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/486-709e71d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。