スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休み時間の規定
201012metsa.jpg

このところ寒い話題ばかりで恐縮だが,19日付のAamulehti紙に,学校での屋外活動に関する話が出ていた。

屋外活動とは主に体育の時間と休み時間である。フィンランドでは「休み時間」といったら校舎から外に出る時間のことだからだ。

なぜ外かというと新鮮な空気を吸うためだそうで,これはかなり重視されており,教室には鍵がかけられて居残ることはできなかったりする。しかし気温が -15℃以下のときは免除されると聞いていたのだが,記事によればこの温度は学校によるのであって教育省が決めているのではないそうだ。

例として出ているのだが,ラップランドのイヴァロ(北緯69°,1月の平均気温 -15℃)の小学校では体育は -15℃以下,休み時間は -25℃以下で屋外免除になる。ユヴァスキュラ(北緯62°,1月の平均気温 -10℃)の学校では -18℃,カンガスアラ(北緯61.5°,1月の平均気温 -8℃)の学校では -15℃で免除となり,ヘルシンキ(北緯60.5°,1月の平均気温 -6℃)の学校でははっきりした温度は決まっていないという。これはたまたま調査した学校での話で,学校による違いもあるのだろう。

息子に聞いたところでは,高校では休み時間に外に出されるということはさすがにないそうだ。

そういえば息子が生まれたばかりのころ,保健婦さんに指導されたのは必ず外に出したうば車の中で昼寝させなさいということで,そのときも -15℃以下にならない限り,ということだったと記憶している。ラップランドではこの温度も違うのだろうか。

赤ん坊のときからこの調子だからフィンランド人は寒さに強くなるのか。だが室内が寒いのには,フィンランド人は弱いと思う。日本の冬の室内は寒くてとても過ごせやしないだろう。実は私もそういう体になってしまった。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/482-fd0c807c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。