スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『崖の上のポニョ』

201005ponyo.jpg

『崖の上のポニョ』のDVDを図書館から借りてきて見た。

映像はきれいだけれど,なんというか,ジブリのアニメはストーリーや世界観をあまり深く考えないで見た方がいいようになってしまった気がする。

さてこのDVDは北欧向けで,音声も字幕もフィンランド語,スウェーデン語,ノルウェー語,デンマーク語が選べる。音声には日本語もあるが日本語字幕はない。

言語を切り替えて見ると,なかなか面白い。

日本語オリジナルでは,ソースケは両親を「リサ」「コーイチ」と名前で呼ぶ。フィンランド語とスウェーデン語ではその通りで「リサ」は Lisa だが,ノルウェー語字幕では Risa,そして音声では mor だったか,「お母さん」にあたる言葉になっていた。デンマーク語では字幕・音声とも「お母さん」「お父さん」。

名前で呼ぶと実子でないという印象を与えるためだろうか。

「ソースケ」はどの字幕でも Sosuke だが,フィンランド語の音声ではこの綴りのとおりに読むので「ソスゥケ」といった感じでやや違和感がある。このDVDでは,日本語の「ソースケ」の発音に一番近いのはスウェーデン語版だと思う。

フィンランド語は日本語のように短母音・長母音の区別がはっきりしているため,綴りが Sosuke だと短母音でしか読めないようだ。日本語だと -su- の母音もほとんど消失しているのにフィンランド語で u をはっきり発音してしまい,これがまた日本語とだいぶ違う。Sooske という綴りだったらずっと近い発音になっていたかもしれない。

逆に,フィンランド語の長短の差が日本語に反映されていないと思うこともある。Suuntoは日本では「スント」,Iittalaは「イッタラ」だが,「スーント」「イーッタラ」の方が近いと思う。Aarikkaの「アーリッカ」ではちゃんと長母音になっているのに。

一方,東南部の「プンカハリュー」は本来 Punkaharju で,語尾は延ばしていない。「プンカハリュ」ではちょっと尻切れの感じがするからだろうか。まあ音節の切り方からいうと Pun-ka-har-ju なので「プンカハルユ」の方がいいんじゃないかと思うのだが。

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/445-b68c9628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。