スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校見学
息子の進学第一希望の高校の見学会があったので行ってきた。

見学会は午後6:30からというので時間通りに着くと,講堂では生徒のバンドが歌を披露していた。聴衆は生徒と父母を合わせて100人を少し超える程度だったろうか。募集人数が約100人なのでもう少しいてもよさそうなものだが,生徒はすでに見学があったので来ない生徒も多いのかもしれない。

説明会が始まり,校長先生の学校説明に続き20人の先生方が紹介されたのだが,若い人が多くて驚いた。息子が現在行っている中学校の先生より平均年齢は低いようだが,たまたまなのかどうかは判らない。

他の高校と同様,決まったクラスはなく生徒がそれぞれ選択したコースを履修する単位制である。1年は5学期で,卒業に必要な単位は最低75。卒業には2年半から4年かかるということだが,2年半で修了した生徒はここ10年で1人かそこらだという。

各教科で必修のコースがあるが,選択科目の幅が非常に広い。自由度があっていいともいえるが,3年で修了し高校卒業資格試験に合格すべくカリキュラムを組み立てるのはよく戦略を研究しないといけないようだ。

外国語の授業もいろいろと用意されている。英語,スウェーデン語は必修,他にフランス語,ドイツ語,ロシア語がある。また旅行会話程度のコースとしてイタリア語とスペイン語がそれぞれ隔年であるそうだ。言語によっては,その国への研修旅行もあるらしい。また交換留学生もいるとのこと。

フィンランド語は一般的な科目としてのコースに加え,息子のような外国人向けに第2言語としてのフィンランド語も用意されているようだ。

講堂での説明を聞いた後は教室ごとに各科目に分かれて展示や使用する教科書を見たり,先生に質問ができるようになっていた。全体としていい雰囲気で息子も気に入っているようだが,首尾よく入学できるかどうか。近々中学校で,ネットでの入学出願の練習が始まる。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/424-77329e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。