スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬連れで列車に
週末に家族でヘルシンキの友人宅を訪問したのだが、今回は列車で行ってみた。しかも犬を連れてという大胆な行動(笑)。

乗った列車はインターシティという特急で、片道1時間半ほどかかる。犬を連れて乗れる車両は一番前方の、席が12個ある一区画だけだった。以前はもっとあったと思ったのだが。

うちの犬は近郊列車に1駅だけ乗ったことはあったが、長距離列車はこれが初めてだったので乗るのをいやがり、席についてからも落ち着かずに動き回るやら、くうくう鼻を鳴らすやらで大変だった。

200811juna.jpg

さらに途中からチワワを連れた人が乗ってきて、どんな小さい犬でも恐がるうちの犬は再び落ち着かなくなってしまった。

ヘルシンキの駅に着いてからは地下鉄まで移動。一部、エスカレーターしかない通路があって、進もうとしなかったので抱き上げて乗せることに。しかししっぽの毛が巻き込まれそうな気がして冷や冷やした。次回はもう少し考えよう。

地下鉄にも他の犬がいたりしたがトラブルはなかった。だいたい、よくしつけられている犬が多いと思う。

帰りもインターシティに乗り、他にも犬(連れの乗客)が乗り込んできて一時はさして広くない区画に4匹が同居することになった。うちの家族もだが、連れてくるだけあってみな犬好きらしくなごやかな雰囲気だった。うちの犬も慣れたのか、落ち着いて乗っていたのでほっとした。

ちなみに犬の「乗車券」は片道5ユーロ(約600円)だった。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
世界の車窓から
新年、遅レスにて失礼します。・・・新年早々、「世界の車窓からDVDブック」を買う羽目になりました(DVDを民族音楽のCD「=フィンランド」の傍に陳列したお店の作戦勝ちかもしれませぬ)。。。。デンマーク&フィンランド編(2009年1月5日出版←明日)でDVDに拠れば「フィンランドの動物は気兼ねなく列車に乗れます。フィンランド人に似て控えめで礼儀正しい」そうです。
【2009/01/04 10:12】 URL | suomesta #A8v7laDo [ 編集]

suomestaさん
「世界の車窓から デンマーク&フィンランド編」ですか,楽しそうですね。私はフィンランド国内の鉄道はあまり乗っていなくて,suomestaさんより少ないかも…。今度は猫ちゃん連れでいかがですか。
【2009/01/04 18:14】 URL | Sommoro #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/303-67b9e17c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。