スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ・トレランスで対処
23日付のAamulehti紙他によると、サルコマー(Sari Sarkomaa)教育相は学校でのいじめや脅迫にゼロ・トレランス方式で対応するよう指示したそうだ。

ゼロ・トレランス方式とは特に安全をおびやかすような生徒の行動に対し、あらかじめ決めた規則にしたがって一切寛容なく対処する教育方針だ(と私は理解しているのだが)。教育相がこれほど強いメッセージを発するのは、先日の校内乱射事件のあと学校を脅迫する事例が126にものぼり、500人日の警察官の労力が空費されたためと思われる。

フィンランドでゼロ・トレランスはあまり聞いたことがなかったと思うのだが、それほど深刻な状況になってきているということか。

家庭に対しても責任をもった家庭教育を呼びかけている。それはもっともなことだと思う。

一方、教育庁としては小中学校、高校、職業学校の教員に対し、セキュリティ研修を現在よりさらに拡充するそうだ。

こういったことで、いじめや脅迫といった問題がなくなるといいのだが…。


この記事に対するコメント
日本でのニュース
日本語で読めるものでもこんな記事がありましたね。
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/081023/erp0810231828006-n1.htm

個人的には「フィンランドの教育は素晴らしい」とあまりに持ち上げられた弊害もありそうな気がします。現状に不満を持っている子供からすれば面白くない事だと思うのですが。
【2008/10/26 08:11】 URL | suomesta #mQop/nM. [ 編集]

suomestaさん
興味深い記事をありがとうございます。潜在していた子供の不満が噴き出したのでしょうかね。カリキュラムを昔のように戻した方がいいのかどうかなど、難しいですね。
【2008/10/26 22:55】 URL | Sommoro #- [ 編集]

詳しく知りたいので、質問いたします。
お久しぶりです。なんだかたいへんなことになってきたみたいですね。心配性の私から3つ質問をさせてください。
(1)上のsuomestaさんが紹介している記事を見てみたら、
パルキネン教授も「事件のあと国民は現在の教育制度に強く反対している」という。
という部分がありました。これは新聞か何かのアンケートで具体的な数字で示された結果があるのでしょうか? それとも、マスコミの報道などを下にしたパルキネン教授の推測ということなのでしょうか?
(2)「ゼロ・トレランス」という言葉を初めて知ったのですが、これはフィンランド語を英語に直訳した言葉なのでしょうか? それとも英語などの外国の言葉をフィンランドで「外来語」として使用したものでしょうか?
(3)フィンランドと良く似た(と私には感じられる)北ヨーロッパの小国アイスランドがあります。どちらも20年くらい前までは水産国・農業国だったのが、経済のグローバリゼーションの波に乗って、この十数年はめざましい発展を遂げ、両国はOECDの発展モデル国のように(数ヶ月前まで)言われてきました。アメリカに端を発する金融危機が勃発してアイスランドは国家経済が破綻しました。フィンランドは金融面ではあまりグローバルしなかった(私の認識が間違っていたら指摘してください)ので、アイスランドのようにはなっていないと思いますが、金融危機はじわじわと実体経済の分野にも及んできて、世界的には自動車産業、建設業などに重圧が高まっているようです。フィンランドの場合はIT産業を中心にグローバル化したと聞いていますが、世界経済危機の影響はどうなっているのでしょうか?
 以上、教えていただけると、臆病者の私の不安もいくらか落ち着くかもしれないので、よろしくお願いいたします。
【2008/10/28 08:47】 URL | 柴田勝征(sibata katsuyuki) #- [ 編集]

柴田勝征さん
(1)あまり「国民は現在の教育制度に強く反対している」という話は聞きませんが…。それに、ひとつの事件のために教育制度全体について強く反対とは考えにくいのですが。

(2)「ゼロ・トレランス」はアメリカで起こった方法だと思います。フィンランド語では nollatoleranssi で英語の zero-tolerance の直訳です。

(3)金融面のグローバル化については私は分かりません。フィンランドでもある程度は影響や不安があると思います。しかし、フィンランドでは90年代前半の経済危機を乗り越えたことによる自信と、そのときに蓄積したノウハウがあることで今回はそれほど大変な状況にはならないと考えている人が多いように思えます。
【2008/10/28 19:02】 URL | Sommoro #- [ 編集]

ありがとうございました
ありがとうございました。
【2008/10/29 06:16】 URL | 柴田勝征(sibata katsuyuki) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/295-05e45dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。