スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋休み~登校日数
200610ruska.jpg

今年の紅葉はとても鮮やかで、なぜか妙に長持ちしている。特に白樺の黄色い葉がきれいだ。

息子の学校はというとまる1週間の秋休みだ。ただし自治体や学校によって違いがあり、近隣でも水曜日から3日間だけ休みという学校もある。だいたい、秋休みがまる1週間の学校は新学期開始(夏休みの終わり)が早い日程になっている。

こういった日程はこのところ議論になっているようだ。秋休みを長く取るため新学期を早めるのがいいかその逆か。1週間の休みがあると家族で旅行に行くのに便利(こちらのパッケージ旅行はだいたい1週間単位なので)である一方、休まずに勤めをする両親は留守の間の子供の世話を考えなければならないといったこともある。秋休みなどなくして夏休みを長くした方がいいという意見も根強い。

わが家としても、日本の夏休みの真っ只中のころにこちらの新学期が始まってしまうのはちょっと不便だから、もう少し遅く始まる方がうれしい。

息子の学校の年間予定を見てみる。

Vuosi.jpg

2006~07年 学期と休みの日程
    秋学期 8/10~12/22
    土曜授業 9/16
    秋休み 10/16~10/20
    春学期 1/8~6/2
    冬休み 2/26~3/2
    イースター休み 4/6~4/9
    休日 5/18

これから、登校日数は秋学期92日、春学期96日で合計188日となる。日本は210日くらいだっただろうか、フィンランドはだいぶ少ないことになる。なにしろ夏休みが2か月以上あるのが大きい。

宿題も少ないと思う。宿題があるといってもそれほど時間のかかるものではないし、ないことの方が多い。週末や長期休みは宿題がない(そうでない学校もあるかもしれない)。

時間割は 9月13日の記事に書いたが、日本の6年生と比べると少ないような気がするがどうだろう。そして朝礼もホームルームも掃除もないから学校にいる時間が短い。塾もないし、フィンランドの子供たちはいつどうやって勉強しているのだろう。



テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/22-75a6621a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。