スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器の演奏のテスト

200803keyboard.jpg


スキー休み後半も相変わらずアウトドア向けの天気ではなかったためか、息子はおもちゃのキーボードに凝っていた。

息子は特に楽器は弾けないのだが、休み明けに音楽の授業で「何か楽器を演奏する」というテストがあるそうなのだ。楽器は限られていてリコーダーは入っていない。妻のギターを弾くことも考えたが、ギターは付け焼刃ではちょっとできるようにならない。

で、うちにあったおもちゃのキーボードをいじり始めたのだが、やってみると面白いらしくはまってしまった。といっても高度なものでなく、日本の音楽の教科書に出ていた、ホルストの「木星」のサビの部分の主旋律を片手で弾くだけなのだが。音符と鍵盤の関係がやっと分かってきたらしい。

以前も書いたが、中学校では選択科目を別にすれば音楽の時間は7年生の間しかなく、それも週にたった1時間。しかも授業の様子を聞けば教科書は使わず、歌をうたったとかCDを聴いたとか好きな楽器を好きに弾いたとか、音楽の基礎を習得させるような内容がまるでないのである。まあフィンランドのことだから先生による違いも大きいかもしれないが、小学校から中学校にかけて何校かで大差なかった。

こんなだから、こちらでの音楽の成績は良い方だったにもかかわらず、夏休みに体験入学した日本の学校での音楽の試験は惨憺たるものだった。楽譜の読み方の基礎が全くできていなかったのである。

しかし、フィンランド人の音楽への関心はむしろ高い。アマチュアグループも結構あるし、合唱のレベルも高いと言われている。学校で習わないとすれば家庭や稽古事などでそれぞれ習うのかもしれないが、このギャップはちょっと不思議だ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

そこでMusiikkiopistoや合唱団ですよ。

フィンランドの音楽の授業は何をやっているのか前から疑問におもっていましたが、
話を聞くとSommoroさんの息子さんが受けてる授業が一般的みたいですね。
多分、音楽は楽しいってのに重点を置いて、
つまらないとかやる気なしっていう音楽嫌いな生徒を作らないようにしているんでしょう。
【2008/03/01 18:56】 URL | nuutajarvilainen #A.5s70/U [ 編集]

nuutajarvilainenさん
音楽を楽しむのがフィンランド式というわけなんですね。

Musiikkiopistoとは普通の学校に行く傍ら通えるものなのでしょうか。
どのようなものか知らないので…。そういえば今日(1日)のAamulehtiに
Musiikkiopistoの費用の記事が出ていましたね。読んでみなくては。
【2008/03/01 23:22】 URL | Sommoro #- [ 編集]

音楽の時間
それって、芸術科目は、学校で授業として習うものではなくて、
興味のある人は、専門のところで学びましょう、というノリなの
でしょうか。

意外とそういう方が、個性を伸ばせて良いのかな?

私個人的には、音楽の授業は、学校の授業の中で、唯一
学習という気分を味わわずに過ごせた、リラックスできる時間
でしたので、無かったら学校生活、もっときつかっただろうと
思います(苦笑)。
【2008/03/03 07:47】 URL | 孤舟居士 #5mJJictk [ 編集]

孤舟居士さん
興味のある人は専門のところで、というのは当たっているのかもしれません。
美術も必修は7年生だけですが、音楽の倍の2時間あるのが少し不思議です。
どちらも選択科目としては取れますが…。
【2008/03/03 18:54】 URL | Sommoro #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/218-abbf1ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。