スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給与増が学級人数に影響
教員の給与が10%ほどベースアップされることになったが、19日付のAamulehti紙によるとタンペレ市では教育予算の増加分のほとんどをこの支出につぎこんでも現状の教員数を維持するのが困難となり、教員数が減らされる見通しだという。

結果として、クラスの人数が現在の平均19人弱から2人ほど増加し、保育園については現在4週間の夏休みが5週間になるそうだ。

クラスの人数が19人とは少なく思えるが、たとえば少数派の宗教の時間、移住者子女向けのフィンランド語など少人数を余儀なくされる授業も含まれるし、低学年の方が定員が少ない。このため人数の多い授業では30人を超えることもある(参考:07年1月26日の記事)。

また、科目によって、たとえば数学や語学ではクラスを2つに分けたり2クラスを3つに分けたりして少人数で授業する場合も多い(習熟度別というわけではない)。この点、いつも同じクラスで授業を受ける日本の学校より柔軟性があると思っていたのだが、こういった少人数のクラス編成も減る可能性があるという。

たまたまタンペレ市が記事になったが、予算状況の厳しい自治体は多い。なるべく教育にしわよせが行かないといいのだが。


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

おはようございます。こちらは少しずつ柔らかな陽射しの土曜の休日です。

日本の学級は未だに40人体制ですが,私も少人数制の担当教員として,
小さな集団を細やかに指導することが,どんなに効率的か,
あるいは,子ども達1人1人とのコミュニケーションがとりやすいか,
痛感している所です。
やはり,習熟度別と言うことに拘ることではなく,
まんべんなく子とも達の表情に接することができるからです。
シャイな子ども,表現が不得意な子どもは特にそう思います。
現任校では,30人ほどが平均のクラス人数ですので
少人数にすると15名程度になります。
それでも子ども達は,算数など小さな集団での授業を楽しみにしています。

・・19人でしたか。羨ましい限りです。
しかし,数人,増えるとのことですが,指導は変わってきますよね。
良質な教育制度のために,予算の使途をうまくやりくり・・そう思います。
日本の自治体にも,懇願したい所です。
【2008/02/23 02:59】 URL | とし #IY7bLZJE [ 編集]

としさん
貴重な現場のお話、ありがとうございます。
日本は40人でしたか。その中で30人、少人数でその半分となると
相当きめ細かな授業ができていいですね。

こちらも平均が19人とはいえ、最大だと35人近くになることがあります。
ただ、学年や科目など状況によって柔軟に人数を変えられる点は
いいところだと思っています。

【2008/02/23 11:02】 URL | Sommoro #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/215-927f049a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。