スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖冬の影響
200802leuto.jpg


たびたび書いているが今年の記録的暖冬はまだ続いている。

例年なら -10℃や-15℃で普通のこの時期になっても、まだ0℃前後。地面にはまだかろうじて雪があるが、道路は泥だらけだ。犬を散歩させると泥汚れで大変なことになる。湖の氷もあちこち解けているのでクロカンスキーもできる場所が限られ、スケートの屋外リンクは使えない。からっと晴れもしない、じめじめした天気が続く。

息子の通う中学校の校長先生からの電子連絡帳へのメッセージで、雪玉投げをする生徒についての注意があった。学校の敷地内での雪玉投げは禁止されており、目に当たったりして怪我をすることがあって危険なので、違反した生徒はその日のうちに居残りをさせるといった内容であった。

普通の冬だったらこの時期に雪玉など作れない。気温が低いときのパウダースノーは握っても固まらないから。今年は雪自体がずっしりと重い。

例年、冬になると凍った湖や海の上に道が作られ人や車が行き来できるのだが、ラジオで聞いたところでは、今年は氷が薄すぎて危険なためほとんど作れないそうだ。すると近道ができないし、特に島に住む人にとっては不便なのだそうだ。

実は私自身がこの気候でだいぶまいっている。十何回めかのフィンランドの冬で、こんなのは初めてだ。元々フィンランドの冬は大好きで、冬になると美しいダイヤモンドダストや樹氷、雪の結晶、たまにオーロラなども見えてフィンランドの冬は夏にも劣らず良いと言ってきたのだが、こんなふうに冬の代わりに秋がずっと続いているような気候で落ち込みそうになっている。

もし毎年こんな冬なら、もうフィンランドから脱出したいと思うくらいだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
はじめまして
こんにちは。
hirarinさんのblogのコメントから参りました。
日本の小学校で教員をしている者です。
二人の愚息の母でもあります。
学習指導要領が変わっていく現在,
フィンランドにお住まわれる方の生の言葉から,
ああ・・と,様々なことを感じながら,
いくつかのエントリーを拝読させて頂きました。

フィンランドの教育に,一望する日本の教育界ですが,
きっと,それぞれの国の良さを,それぞれに包含したカリキュラム。
(善し悪し両極とも言えることと思いますが・・)
互いの良さをくっつけたり,無理にこじつけたとしても改善にはならないでしょうか・・・。

フィンランド,北欧の森の風景にはとても憧れます。
(ミーハー的なイメージですが,すみません)
お子様,すばらしい環境のもと,育まれているんですね。
同時に,片手のピアニスト舘野泉氏も思い起こします。
http://lhaca.seesaa.net/article/2149968.html

しかし,暖冬とのこと・・,温暖化とひとくくりにはしたくはありませんが,
自然の美しさにも影を落としているのでしょうか。

また,いろいろなこと,拝読させて下さい。
【2008/02/10 11:15】 URL | とし #IY7bLZJE [ 編集]

とし さん
はじめまして。

ブログ拝見しました。そちらは逆に寒い冬のようですね。
私も、フィンランドの教育と日本の教育のどちらが良い悪いという
ことでなく、お互いに良いところを取り入れていければいいのにと
思うことがあります。とはいっても社会状況が大きく違う中では、
取り入れられないこともいろいろありますね。

長くブログを続けていらっしゃるようですね。これからゆっくり読ませて
いただきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。
【2008/02/10 13:13】 URL | Sommoro #- [ 編集]

おはようございます
お返事ありがとうございました。
また,当方ものぞいて下さったとのこと。ありがとうございます。
拙ブログですが,紆余曲折しながら,ただ「何となく」続けてきてしまいました。
内容も支離滅裂で,なんともお恥ずかしい限りです。

年明け,数回降雪がありました。暖冬となると思いきや,思わぬズレ。
そちらの,厳寒にして雄大なオーロラ達のある風景。
毎年,臨まれていたものがやって来ないというのも同じなのかも知れません。
自然って図り知れませんね。

それと,勝手ながらこちらのブログ,リンクさせて頂きました。
(事後報告ですみません)
これからもよろしくお願いいたします。
【2008/02/11 02:37】 URL | とし #IY7bLZJE [ 編集]

としさん
いえいえ、長さだけでなく読みがいのある内容で、少しずつ
拝読しています。

普段雪のないところで雪が降ると大変でしょうね。
こちらはいくらか冷えてきましたが、まだまだです。

リンクありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

【2008/02/11 23:23】 URL | Sommoro #- [ 編集]

暖冬?
ですか?
私もフィンランドの冬と言えば、「美しいダイヤモンドダスト」というイメージがあります。

こちら新潟中越は今年も暖冬小雪です。雪は1mくらいしかありません。昔は3mはありました。
やっぱり地球規模で温暖化は進んでいるんでしょうか。
【2008/02/12 00:07】 URL | hirarin #/x0jLE/2 [ 編集]

hirarinさん
「美しいダイヤモンドダスト」、この冬はほとんど見えなくて残念です。
今週水曜日に予定されていた息子のスキー教室も中止になってしまいました。
そちらの積雪はそれでも1mですか、たくさんありますね。
私も中越地方に親戚があるので子供のころなどはよく行きましたが、
たしかに3mくらいは普通でした。
フィンランドは寒くても雪はあまり多く積もらないので、そんな話をすると驚かれます。
【2008/02/12 17:20】 URL | Sommoro #- [ 編集]

初めまして
初めまして。
他の方のブログでこちらを見付けまして、お邪魔させて頂きました。
お騒がせしますが、宜しくお願い致します。

そちらは暖冬なのですね。
私の住んでおります中国は、この冬、特に南部での冷え込みが厳しく、
内陸部では大雪になっておりまして、義捐金や節電が呼び掛けられて
います。
元々雪なんて滅多に降らない地方ですので、そうした準備がないことと、
発電所や送電設備が、これまた雪害対策が施されていないので、この
大雪で、軒並み壊れてしまったのです。

これも温暖化の影響なのだと思います。
日本も太平洋側が大雪だとか…。

最後に、蛇足ですが、私のフィンランドのイメージを。
・NOKIA
・オフィス家具
・グスタフ・マンネルヘイム
・シベリウス(フィンランディア)
・マルクス・グロンホルム(ラリー)
・キミ・ライコネン(F1)
・ミカ・ハッキネン(F1)
・ケケ・ロズベルグ(F1、ニコのパパ)
…偏っているかなぁ…(恥)。
【2008/02/19 02:57】 URL | 孤舟居士 #5mJJictk [ 編集]

孤舟居士さん
はじめまして。
中国は大雪と聞いてはいましたが大変ですね。
先日、出張で北京に行ったのですが、寒くて驚きました。
地元の人は普通と言っていましたが…。

マンネルヘイムをご存知とは、歴史にお詳しいようですね。
フィンランドは、他にサウナ、ムーミン、キシリトールなども
知られています。

ブログ拝見しますね。
【2008/02/19 18:49】 URL | Sommoro #- [ 編集]

マンネルヘイム
隣国でありながら、あのスターリンを相手に独立を守った、という
だけでも、尊敬しますね。
外交上のバランス力も、非常に優れていたと思います。
そういう人が、日本で政治家として立候補するのであれば、迷わず
投票したいです(苦笑)。

ノキア等の企業を見ていると、フィンランド人の芯の強さも感じます。

出張で北京にいらしたのですね。
この時期、あの辺りは寒いです。例年通りだと言われても、風が
乾燥しているせいか、更に寒く感じられますし。
それでも、この冬、より深刻なのは、先のレスにもありますように、
南部内陸部の大雪です。まだ融けない場所が多いそうです。
上海は、やや春めいてきました。その点では、まだ幸せだと思って
います。
【2008/02/20 08:17】 URL | 孤舟居士 #5mJJictk [ 編集]

Re: マンネルヘイム
マンネルヘイムはフィンランドではもちろん最も有名な人物ですが、
日本人にはあまり知られていないと思います。私自身も実は
よく知りませんので勉強しなくては。

こちらは、日が長くはなってきましたが春はまだまだ先です。
【2008/02/20 17:41】 URL | Sommoro #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/211-d2ad36b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。