スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理科の教科書を見比べると
以前、歴史の教科書を見比べたことがあったが、今回は理科。中学校での化学も、通信教育の日本の理科もちょうど原子・分子・化学反応に関する分野なのだ。

フィンランドの教科書はこんなふうに、地の文がきっちりとあって図や写真はあくまで添え物的なことが多い。

200712kemia.jpg


一方、日本の教科書では図表とその中の短い文での説明が一体化していることが多い。いってみればビジュアル化が進んでいるのである。

200712rika.jpg


上の例は説明のためにそれぞれ典型的なページを写したのであり、どちらもこういったページばかりというわけではない。しかし全体として大きな差はあると思う。フィンランドの教科書では、内容を知るためにはとにかく文章を読まなければならない。フィンランド語が第二言語である息子にはまだ少し大変である。

PISA(OECDの学習到達度調査)でフィンランドの生徒の読解力は第2位となったが、このように理科の教科書でも文章をこつこつと読まなければならないことも、読解力を育むのに役立っているのかもしれない。

とはいえ教科書としてそういう方式がいいとは一概に言えない。文章を読みぬく力がなくて教科の内容も理解できないよりは、ビジュアルな教科書で内容が分かって身に付く方がいいだろう。

ところでこういった文章主体の説明は、教科書に限らないような気がする。ネットで宿泊施設とかのWebページを見ると、フィンランドのは行き方を文章で説明していることが多く、地図のリンクがあっても地図サイトを使っているだけだったり簡単すぎたり、とにかくおざなりな感じがする。レストランのメニューでもそう。それに対し日本の場合は図や写真や絵が駆使されている。

ビジネスの世界のプレゼンはすでにビジュアル化が進んでいるのだから、ビジュアルで理解しビジュアルで発信する能力の方が、将来役に立つかもしれない。読解力をつけるのはもちろんいいことだが。


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

こんにちは。ごぶさたをしています。
率直に「なるほどー」と思いました。
道具が発達すると能力が衰えるのですから,
ビジュアル化が進めば読解力が衰えるのは当然
ということになりますね。
プレゼンを行う場合のパワーポイントのマニュアルは,やはり読解力が必要なので,フィンランド式でよろしいのではないでしょうか。
【2007/12/15 08:07】 URL | つくい #gGiHTux6 [ 編集]


つくいさん、こんにちは。いつも拝見しています。
読解力もビジュアル能力も、バランスよく身に付くのがいいのでしょうね。
教材を作る大人の責任も大きいですね。
ソフトのマニュアルは、若い人は全く読まずに感覚的に操作して習得するようで…。
私自身もパワーポイントのマニュアルは読んだことがありません(笑)。
【2007/12/15 12:37】 URL | Sommoro #- [ 編集]

なるほど
はじめまして。
新潟県のhirarinです。
小学校現職教員です。

かなり理科の教科書違いますね。
ほんと。
ただ今、平成23年度版の教科書作りに取り組んでいます。
どんな教科書がいいのか、まだまだ模索中です。

確かに「読解力」を鍛えるなら、フィンランド型の方が短期的にはいいかもしれませんね。
これから社会に出たときにはどうか・・・・
まあ活字に弱すぎる若者が多いのは、どうにかしなくてはいけないとは思っています。

リアルタイムでのフィンランドの様子が見れて面白いです。
今後ともよろしくお願いします。
【2008/02/06 14:17】 URL | hirarin #/x0jLE/2 [ 編集]

hirarinさん
こちらこそよろしくお願いします。
今から平成23年度版の教科書作りなんですか、ずいぶん早く始めなくては
ならないのですね。よい教科書ができるよう祈ってます。
読解力との兼ね合いは難しいところですね。

【2008/02/06 18:35】 URL | Sommoro #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/189-7275fe2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。