スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語ブーム
フィンランドでは各市町村に成人学校というかカルチャーセンターがあって、かなり安く外国語や芸術系、技術系の趣味などいろんなコースを学ぶことができる。多くの授業は夕方以降に行われるので、仕事をしている人でも行きやすくなっている。

9日付のAamulehti紙によれば、その中で最近人気のコースはスペイン語と日本語だということだ。

スペイン語は特に旅行のためで、以前から根強い人気がある。フィンランド人は旅行好きだが、特にスペイン領のカナリア諸島は日本で言えばグァムかハワイにあたるくらい定番のリゾート地だ。スペイン本土や中南米も入れれば、スペイン語地域に旅行することは多いのだろうと思う。

日本語は、マンガやアニメを日本語で理解したいという若者の学習者が多いらしい。テレビでも日本のアニメが放送されているし、日本のマンガも英語、フィンランド語、時にスウェーデン語訳で書店に並んでいる。ゲーム機やゲームソフトも日本製のものが多い。

日本といえば寿司をはじめ日本食も人気が高い。最近はさらに日本生まれのキャラクターや、音楽、ファッションなどもじわりじわりと浸透し、コスプレ大会まで開かれた。スポーツの分野でもスキージャンプは一目置かれているし、先日の大阪での世界陸上も注目されていた。そういえばエアギター大会で日本人が2年連続で優勝したことも新聞に載った。

フィンランドでは学校教育でも多くの外国語があり、また大人になってからも自主的に外国語を学ぶ人が多い。日本語に興味を持つ人も多いのだが、彼らにとって日本語はやはりとても難しい言語らしい。フィンランド人にとって外国語といえばほとんどがヨーロッパ言語で、いくつもの外国語を習得して語学に自信を持っている人も、いやそういう人ほど日本語では勝手が違ってしまう。

発音や文法はフィンランド語話者にとって比較的なじみやすいと思うが、漢字かな混じりという日本の書き方はものすごく難しく感じられるようだ。成人学校でも最初は教室に入りきれなった受講者が回を追うごとにどんどん減っていくそうだし(もっともこれは他の言語でもそうだが)、入門より上のコースは受講者が少ない上、日本に行っていたりしてかなりぺらぺらの生徒と入門コースを終わらせたばかりのほとんどしゃべれない生徒が混在して授業がやりにくいとも聞いた。

なにより、せっかく日本語を学習しても、フィンランドでは生の日本語に触れる機会があまりない。近頃はネットで日本語の素材がいくらでも手に入るし会話さえできるけれども、一般には日本はまだ遠い神秘の国だろうと思う。日本への旅行も、以前はツアーなどあったが円高でほとんどなくなり、近年円安になってからも復活してこない。

いろいろな面で日本や日本語がもっと接しやすくなれば、と思う。個人的に日本や日本語に興味のあるフィンランド人がいれば喜んで話をしているけれども、関心を持ってもらっている間に、日本も国としてもう少し売り込みをしていいような気がする。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

はじめまして。ウチも来年「子どもの教育のためにフィンランド移住」を目指している一家です(笑) Sommoroさんのブログは、フィンランド教育の現実を垣間見ることができ、非常にありがたい存在です。ドイツ人のファミリーもそうだったように、子どもにフィンランド教育を受けさせるためには、親たちのビザ・仕事の問題があります。今はフィンランドでの起業準備と情報収集に奮闘中です。日本文化をフィンランドに広く沈め、距離だけでなく文化交流の面でも日本と一番近いヨーロッパになってほしいと思っています。来月は、視察のために初フィンランドです。この点がドイツ人ファミリーとは違う点でしょうか?(笑)
これからも応援しています!
【2007/09/10 07:48】 URL | HAL #FqJe/y.6 [ 編集]


HALさん、こんにちは。
少しでもお役に立っているのでしたら励みになります。
フィンランドで起業ですが、すごいですね! ぜひがんばってください。
10月に初フィンランドですと雨が多く暗いかもしれません。
がっかりされないといいのですが(笑)。
【2007/09/10 17:56】 URL | Sommoro #- [ 編集]


フィンランド以外の北欧は訪れたことがあるのですが、冬にしか行ったことがないんです。むしろ夏の北欧はどこも知らず・・・。ある意味、気候的にはあまり良くない時の方が現地の一番活気付いていない面が見えて、移住を考えている身にはよい経験になるのかもしれませんね。
【2007/09/13 03:27】 URL | HAL #FqJe/y.6 [ 編集]


そうですか、冬の北欧にいらっしゃったことがあるとは思い至りませんでした。
夏は後の楽しみにとっておくのというのもいいですね。
【2007/09/13 22:31】 URL | Sommoro #- [ 編集]


こんばんは。ヘルシンキからの帰りの飛行機で、私は一人だったからか
フィンランド人エリアに座っていました。
みなさん、日本や日本語にとても興味を持っていて嬉しく感じました。
もうすぐ到着・・・という頃になると、お経のように、
みなさん「スミマセン」「アリガトーゴザイマス」と繰り返し練習していて笑えました。
【2007/09/15 19:33】 URL | Asami #- [ 編集]


Asamiさん、こんにちは。なるほど、日本到着前に少しでも覚えておこうということ
なんでしょうね。
そういえば、前回日本行きに乗ったときだったか、フィンランド航空の機長さんが
飛行状況をフィンランド語、英語に続けて日本語でもアナウンスしたのを聞いたのは
初めてだったのでちょっと驚きました。
【2007/09/15 22:46】 URL | Sommoro #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/143-c60298ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。