スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学校生活始まる
今日は息子の中学校初日だった。本当は10日に新学期が始まっているのだが、8月4日に書いたように欠席してしまったので。

時間割は本来は担任の先生からもらうのだろうが、今日は担任の先生と会う機会がなかったそうだ。小学校と同様、ホームルームもないし掃除もなく、給食も教室で先生と一緒に食べるのではなく食堂に行くので、担任の先生の授業がない日は会わないのである。

それで友達のをコピーさせてもらったという時間割を見たが、これがちょっと暗号のようである。

200708lukuj-o.gif

時間割(の一部)

Maanantai, Tiistai, Keskiviikko …というのは月曜日、火曜日、水曜日…のことだからこれはいいのだが、HI1とはHistoria(歴史)の1ということか。RUB1はRuotsi(スウェーデン語)でB1の外国語(外国語にはA系列とB系列がある)ということらしい。TN1.4はTekniikka(技術)の1なのだろうが、点4の部分は分からない。…といった具合。

授業は1コマは45分で1週間に29コマある。この時間割は秋学期の前半用で、その後はまた変わる。時間数も増減するし、生徒ごとのバリエーションも次第に多くなっていくようだ。

まだ授業が始まったばかりでそれほど変わったこともないようだが、授業ごとにその科目の教室に移るのが大変だと息子は言っていた。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

手元に母語以外の言語系科目の見方(※)があるのですが・・・。

A1・・・初等教育課程(通常3年生から)の必修言語
A2・・・初等教育課程の選択言語
B1・・・前期中等教育課程(通常7年生から)の必修言語
B2・・・前期中等教育課程の選択言語

息子様の場合はA1→英語 B1→スウェーデン語ですね。書くまでもないでしょうが、A1かB1で必ず「第二母国語」を取らなければならないルール。「A1とB1ではB1の方が要求される水準が低い」と書籍には書かれていますね。

※「フィンランドに学ぶ教育と学力」(庄井良信・中嶋博 編著 明石書店)・・・38ページ

見ているとなんとなく末尾の「1」は「必修」。「2以上」は「選択」の気がしてきましたが・・・。
【2007/08/14 18:26】 URL | suomesta #A8v7laDo [ 編集]


suomestaさん、ご解説ありがとうございます。
言語選択はおっしゃる通りで、A1である英語は ENA1 と表記されています。
A1 は B1 より時間も少ないです。

なお、ちょうどいい日本語の言い方がないので「外国語」と書いてしまいましたが、
スウェーデン語は本当は「外国」語ではないですね。
【2007/08/14 19:01】 URL | Sommoro #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/131-37c7ed9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。