スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在外選挙の投票率
Yahooニュースの記事によれば、参議院の在外選挙投票者は比例代表2万4171人、選挙区2万3592人だったそうだ。

日本国内の投票率も低いが、在外邦人の有権者は約80万人と言われているから、投票したのはそのわずか3%にしかならない。

実は私も97%の方に属している。

在外投票をするためには、在外選挙人名簿登録をしなければならない。これはいつでもできるので、私も登録してある。

問題は投票で、これには日本に帰国したとき投票するか、在外公館に出向くか、郵便投票という3つの方法がある。このうち日本で投票するのは、ちょうど一時帰国でもしていない限り可能性はない。在外公館は、フィンランドでいえばヘルシンキの大使館だが、ここからヘルシンキに往復したら一日仕事だし交通費もかかる。となると残りは郵便投票なのだが、こんなふうにとてつもなく不便なのだ。

まず日本の市町村の選挙管理委員会に投票用紙を郵便で請求し、投票用紙が郵便で送られてきたら記載済み投票用紙をまた日本に郵便で送らなければならない。

日本とフィンランドの間は数日で航空便が届くが、週末にかかったりすることを考えると1週間は見ておかなくてはならなないし、選挙管理委員会がどのくらい早く請求を処理してくれるかも分からない。まあ投票日の3週間前に投票用紙請求をしなければならないだろう。つまり公示日である7月12日ではもう間に合わないわけで、それはあまりにもおかしいと思う。

全世界で郵便投票をしたのが4000人ほどしかいないのも無理はない。

国際郵便で航空便では費用もかかる。せめて大使館との間でのやりとりにできないものなのか。それなら1週間ほどでもなんとかなるし、投票者の経済的負担も少ない。というより投票用紙請求くらい電話やインターネットでもいいんじゃないかと思うし、さらにいえば投票用紙はダウンロードで印刷したって、投票者が確認できさえすればいいんじゃないか。

電子投票だったら一番いいが、そこまでは言うまい。ともかく、せっかく在外投票制度があるのに投票率3%ではさびしい限りだ。


テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

そうですね,私は今回も投票用紙の請求を出しそびれてしまいました。もう間に合いませんね。投票日前だというのに投票をあきらめなければならないとは情けない話です。なんとかなりませんかね。

在フィンランド日本大使館からは,今回の選挙に関しては何も連絡がありませんでしたが名簿登録の手続きの案内はあっただけましということでしょうか。
【2009/08/24 20:08】 URL | Sommoro #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/127-87f11f2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。