スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回説明会(2)
中学の入学準備説明会の続きだが、校長先生の授業に関する説明はなかなか内容が濃かった。

中学の授業は週30時間、一番遅いときで15:45まで授業がある。スライドにはクラブ活動は15:00からと書いてあったが、中学校ではクラブ活動があるのだろうか。

連絡帳の代わりにインターネットで親が授業の欠席や忘れ物、罰、などをチェックできるらしい。

学期は秋学期と春学期なのだが、1年は4つの期間に分けられ、それぞれで時間割も違い成績もつけられる。またいくつかの教科はこの期間ごとに集中して授業する。たとえば地理は、各学年1時間と決められており、1年に平均して割り振れば1週間に1時間ということになるが、実際には1年のうちの1期間に集中して行うので地理の授業がある期間は1週4時間の授業を行い、それ以外の期間は地理の授業はない、といった具合だ。

同様なことは小学校でも行っているが、より系統立てて計画されているようだ。

8年生、9年生では選択科目が6.5時間ある。どんな科目があるかという具体的な説明はなかったが、週に6~7時間あるわけだからかなりの量だと思う。この他に、週2時間でもうひとつの外国語を取ることもできる。中学から必修のスウェーデン語も始まるので、その他にもう1言語習うというのは大変だと思うが…。

こういった選択肢があるので時間割は生徒ごとに、また4つの期間ごとに変わるそうだ。

授業に関する説明を聞いた後はコーヒーとシナモンロールでお茶となり、各クラスに分かれて担任となる先生に会った。

生徒数の6割がたの父母が出席していたようだ。自己紹介をしたり先生から中学校の様子を聞いたりして、8時に終了となった。

生徒の方はというと、授業に関する説明などはなく、全員で大まかな学校の紹介を聞いた後はクラスに分かれてのんびり「親睦」していたらしい。

なかなか大変そうな中学の勉強、8月からどうなることやら。


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://koulu.blog76.fc2.com/tb.php/105-6be8b9c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。