スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霜の展望塔
寒い日が続いている。気温は今年になってから一度もプラスになっていないと思う。

家の周りの木々も白くてきれいだが,少し高いところから見てみたらどうだろうということで展望塔(→2007年4月9日)に行ってみた。

木の階段に雪がつもってすべりやすいのでゆっくり登る。上から見ると,はてしなく続く真っ白な森と湖の景色はなかなかきれいだった。

201001torni.jpg

塔そのものにも霜がついて白くなっている。まあ塔ごと冷凍庫に入っているようなものだからね。

予報によればこの寒さはまだしばらく続くとか。


スポンサーサイト

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

高校見学
息子の進学第一希望の高校の見学会があったので行ってきた。

見学会は午後6:30からというので時間通りに着くと,講堂では生徒のバンドが歌を披露していた。聴衆は生徒と父母を合わせて100人を少し超える程度だったろうか。募集人数が約100人なのでもう少しいてもよさそうなものだが,生徒はすでに見学があったので来ない生徒も多いのかもしれない。

説明会が始まり,校長先生の学校説明に続き20人の先生方が紹介されたのだが,若い人が多くて驚いた。息子が現在行っている中学校の先生より平均年齢は低いようだが,たまたまなのかどうかは判らない。

他の高校と同様,決まったクラスはなく生徒がそれぞれ選択したコースを履修する単位制である。1年は5学期で,卒業に必要な単位は最低75。卒業には2年半から4年かかるということだが,2年半で修了した生徒はここ10年で1人かそこらだという。

各教科で必修のコースがあるが,選択科目の幅が非常に広い。自由度があっていいともいえるが,3年で修了し高校卒業資格試験に合格すべくカリキュラムを組み立てるのはよく戦略を研究しないといけないようだ。

外国語の授業もいろいろと用意されている。英語,スウェーデン語は必修,他にフランス語,ドイツ語,ロシア語がある。また旅行会話程度のコースとしてイタリア語とスペイン語がそれぞれ隔年であるそうだ。言語によっては,その国への研修旅行もあるらしい。また交換留学生もいるとのこと。

フィンランド語は一般的な科目としてのコースに加え,息子のような外国人向けに第2言語としてのフィンランド語も用意されているようだ。

講堂での説明を聞いた後は教室ごとに各科目に分かれて展示や使用する教科書を見たり,先生に質問ができるようになっていた。全体としていい雰囲気で息子も気に入っているようだが,首尾よく入学できるかどうか。近々中学校で,ネットでの入学出願の練習が始まる。


スキーがしにくい
湖は凍っているし,その上に充分雪はつもっている。例年だと待ちかねたようにクロカンスキーをする人や穴釣りをする人々が湖上に繰り出すのだが,今年はほとんどいない。なぜか。

息子と,湖にスキーに出かけてみて分かった。

ところどころ,下の氷と上のふわふわした雪の間に厚さ数cmの水雪の層があるのだ。

20100116.jpg

こうなっているのは踏んでみないと判らないが,いったんスキーの滑走面がこの水でぬれると,すぐに雪がくっついて滑らなくなってしまう。これではスキーをする人がいないのもうなずける。

気温はずっとマイナスだというのに,どうしてこの水は凍らないのだろう。一度踏まれて水面が空気に触れる状態になっていると上から凍るのに。冷たい外気から遮断する雪の断熱力というのはかなりのもののようだ。しかし水が氷の割れ目から出てくるのか,横に流れているのか,よく分からない。

新聞によると,他の湖の上に作られたスケートコースでも,このような水でスケートがしにくくなっているところがあるようだ。

これまでの冬でも,こういった水っぽい箇所はあったが,これほどではなかった。こんなに寒い冬なのに水に悩まされるとは不思議なものだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

授業時間,増加へ?
13日付のAamulehti紙の記事によると,教育庁長官は授業時間の増加を考えているそうだ。

フィンランドの小中学校の授業時間は,OECD加盟国の中で2番目に短い(⇒08年11月5日)。これをOECDの平均程度まで引き上げることをねらっているらしい。

記事を読むと,授業時間の増加は学習時間を増やして学力を上げるためというより子供が学校にいる時間を長くしようとしているふしがある。フィンランドでは共働きが多いので,特に低学年では学校が終わった後に学童保育が必要になることが多く,社会的コストがかかっているためだ。

教職員組合も授業数の増加には前向きらしいので,案外すんなり増加されるかもしれない。

教科としては,特に体育の時間の増加が検討されているようだ。若者の健康づくりのためにも効果が期待されているらしい。

しかし,2か月以上という現在の長い夏休みを短縮するとかいった話はない。


春学期前半始まる
先週のことだが6日の顕現日でクリスマス休みは終わり,春学期の前半が始まった。

時間割は次のようになった。

201001lukuj3.gif

緑色の時間は選択科目。

スウェーデン語が久々に戻ってきて,理科の科目では物理がある。フィンランド語(国語)は新しい先生だったそうで,最初に話し始めたとき,なまりが強くてほとんど何を言っているのか判らなかったという。

と思ったら実は先生はエストニア語で喋っていたのだそうだ。エストニア語はフィンランド語と同系で発音や文法,単語も似ているものが多い。ちょっと聞くとフィンランド語のようでもある。この学期はウラル語族の中のフィンランド語の歴史や他の言語についても勉強するらしい。私の興味ある分野なので,私が授業を受けたいくらいだ(笑)。

参考:秋学期後期の時間割


樹氷
昨日は-20℃以下まで下がったが,昨夜ごろからしだいに寒さが緩んできて今日の夕方には-6℃ほどになった。風もなく,体が慣れてきたせいかこのくらいの温度だとずいぶん暖かく感じる。

樹氷が木々や金網にまで細かく付き,きれいだった。

20100110b.jpg

近づいてみると鋭い結晶が大きく育っている。ちょっと手を触れただけではらはらと散る。

20100110a.jpg

これで日が当たるときらきら光ってさらにきれいなはずなのだが,今日は一日どんより曇り,日が差さなかった。残念。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

列車事故
今朝8:30頃,ヘルシンキ中央駅で列車事故があった。空走した客車4両が車止めも突き破り,駅併設のホテルに突っ込んだのだそうだ。

ニュースなどで見ると相当な衝突で,乗員の1人が軽傷を負った他は,死傷者は出なかったのが不思議なくらいだ。原因は調査中らしいが,ブレーキが凍結で効いていなかったとか。

遠いヘルシンキのことなので何の関係もないはずなのだが,たまたまこの朝,妻子が日本大使館に行くため列車でヘルシンキに向かっていた。ヘルシンキより十数km手前の Tikkurilaという駅に到着する寸前に,事故のため折返し運転するとアナウンスがあったらしい。

彼らはその駅で1時間待ったそうだが,列車で行けそうもないので一旦市バスで近くのヘルシンキ空港に向かい,エアポートバスに乗り換えて市街に向かった。私に電話をかけたりメッセージを入れたりして迂回方法を聞こうとしたのだが,こういうときに限って私の携帯電話が電池切れで,エアポートバスに乗ったころ私はやっと事態に気づいたのである。運の悪いのは重なるものだ。

ヘルシンキで用事はすんだが,とにかく帰ってこなければならない。午後になっても列車のダイヤは乱れたままで,長距離バスに乗るなどいろいろ方法も考えたのだが,駅に行ってみたらちょうどこちらに向かう列車が出るところだったとかで,少し遅れたが無事帰ってきた。

うちはヘルシンキに行くのは年1回あるかないかくらいだというのに,ちょうどこんな日に当たるとは。しかしまあ事故に巻き込まれなかったのが幸運といえるかもしれない。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

新年
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。



まだ冷え込みが続いていて雪も少しづつ降る中で年越しを迎えた。相変わらずの花火だが,去年より少しおとなしかったと思う。法改正で大晦日の花火は18:00~2:00と時間が短縮されたり,18才以上でなければ扱うことができなくなるなど厳しくなったのも一因かもしれない。ニュースによれば例年より花火による事故は少なかったとのこと。

20100101.jpg

今朝も細かい雪が降り,気温は -13℃。湖はなんの変哲もない冬景色だ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報



プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。