スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白樺の花粉
去年,白樺とpujo(ヨモギ科の草)に対する花粉症であることが判明してから花粉の季節には薬を飲んでいる。

花粉の状況は http://aerobiologia.utu.fi/tiedotus/siitepolytiedote/http://www.mtv3.fi/saa2008/incs/siitepoly2008.shtml で確認して,特に後者は5日後の予報が出ているので花粉が飛び始めると判ったら薬を飲むことにしていた。

この季節,花粉はleppä(ハンノキ?)くらいで白樺の花粉は予報もされていなかったのだが,どうも先週末ごろからくしゃみが出る。これはハンノキ花粉にまで反応するようになったかと,とりあえず薬を飲んだ。

そして昨日状況をチェックしたら,白樺の花粉がいきなり「中程度」になっていた。予報にも出ず,「少量」の状態もすっとばしてだ。芽吹きもまだなのにおかしいなと思ったら,南西方向から風で運ばれて来たものだそうだ。とするとバルト海の向こうのスウェーデン南部あたりの花粉か。それで症状が出ていたわけだ。しかしそんな遠くから来るとは。

で,今日になったらもうすでに白樺の花粉が「大量」と予報されている。このところ驚くほど暖かい陽気が続いていたし,今度は本当に地域の白樺なのだろう。

白樺の芽吹きはきれいだけれど花粉症は困る。いま飲んでいる薬で抑えられるといいのだけれど。


スポンサーサイト

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

展望塔から
今日はびっくりするくらいぽかぽかの陽気だった。

朝は0℃近くまで冷え込んだが,午後には20℃を超えた。夏といってもおかしくないくらいの気温だ。

天気もよかったので,犬の散歩をかねて近くの展望塔にでかけた。

200904torni.jpg

湖の氷はほとんど解けたようだ。白樺はまだ芽吹いていないが,こずえがうっすらピンク色をおびている。芽吹きが始まるまでまであと数日ということかな。

天気予報によるとまだしばらく暖かい日が続くようだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

雪の足跡
土曜日の朝,起きてみると一面真っ白だった。うっすら雪がつもったのだ。

まだ春浅いこの季節,雪が降るのは珍しいことではないのだが,今朝のAamulehti紙の記事を見て笑ってしまった。タンペレ市内で土曜日の早朝,薬局の窓が割られて中の薬や物品が盗まれたのだが,ちょうどつもった雪に足跡が残っており,警察はその足跡をたどって行き先のアパートにいた犯人を逮捕したというのだ。

ちょっとシンプルすぎるだろう…。

ところでこの写真は今朝,公園にあった雪の足跡。自転車のわだちの跡もある。

200904jaljet.jpg

元々は一面の雪の上の足跡だったわけだが,踏まれたところだけが固まって残り,他のところは風に飛ばされて雪がなくなるとこんなふうになる。

これは土の上に雪の足跡ができているが,固い雪の上に新雪がつもって同じように足跡が残ると普通と逆に足跡が盛り上がった浮き彫りのようになることもある。湖のつるつるの氷の上に,雪の足跡だけが続いていることもあり,それもシュールな眺めだ。写真がなくて残念だけれど。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

大量移民の必要性
いくつかの新聞に出ていたが,ペレルヴォ経済研究所(PTT)の発表によれば,フィンランドは現在の年金水準を保つためには毎年1万人の移民を受け入れていく必要があるという。

フィンランドでは近い将来,労働力が不足することが懸念されていて,そのために移住をしやすくする方策が検討されていることは以前も書いたが(→08年11月26日),具体的に1万人と言われると相当な数だと思う。

何しろこの国の人口は530万人しかなく,定住外国人の割合はこのところ増加したとはいえ日本と同程度の2%ほどである。年間1万人の移民が10年間続いたら,外国人が2倍に増えることになる。20年なら3倍だ。

それに労働力をあてにして移民を受け入れるとなると若い人たちが対象だから,その子供の教育も問題になる。フィンランドは外国人といえども母語教育がかなり尊重され,移住者子女の母語教育,フィンランド語教育が手厚い。また落ちこぼれを出さないという方針から支援教育や特別教育で予算や教員の不足が問題になっている自治体もあるのに,移住者人口が何倍かになったらどうなるのだろうか。

労働力不足とはいってもこの不況下,失業率は急上昇している。その中で外国からの移住者で労働力をまかなうのはおかしいのではという声もある。失業者が新しい職能を得られる教育も多くなっているが,それでも不足ということか。

まあフィンランドはヨーロッパの中ではまだまだ外国人や移民の少ない国だから,増える方向性は避けられないものかもしれないけれど。

そうならないなら年金の支給金額抑制か支払額上昇か。どちらにしても難しい時代に入っていきそうな感じだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

氷を踏み破り…
昨日のことなのだが,ちょっとした失態を演じてしまった。

犬を散歩させながら湖沿いの公園にある,船をつける桟橋を歩いていたときのこと。湖の氷はほとんど解けているのだが,小さい湾や岸に近い部分は残っているところもある。岸と桟橋をつなぐ小さな橋のきわにも氷があったので,つい片足でつついてみたのだ。わりと硬そうな氷だった。

が,突然氷は割れて足は水につかってしまった。いけない靴がぬれた,と思った瞬間には体はバランスをくずしていた。そして腰まで水につかってしまうまでほんの一瞬だった。

急いで橋に上がろうとしたのだが,とてもとても体を持ち上げられない。今ちょうど水位が低いからなおさら落差が大きいのだ。深さはわからないが足がつきそうな感じもない。しかたがないので橋ぞいに水中を横に移動していった。水温が0℃だからとにかく早くしないと体が動かなくなってしまう。かろうじて岸にたどり着いて助かったと思った。

幸か不幸か回りに人はだれもいなかった。下半身びしょぬれで家に帰るのも情けなかったが,ちょっとしたことで水に転落もあるのだと再認識して怖くなった。場所によっては岸に戻れなかっただろうから。今ちょうどイースター休みで春先の氷がもろくなるこの時期は水の事故も多いのだが,他人事といえない。

皆様も氷にはお気をつけください。

200904laituri.jpg
件の場所。今日,氷はもうほとんどない


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

湖の水位が低い
200904ranta.jpg


湖の氷がだいぶ解けてきた。

近くの湖は上流の湖からの流れがあるので,特に解けるのが早い。岸には氷がまだくっついて残っているのだがその氷の表面と水面の落差が大きく,60cmはありそうだ。

いつも春先は湖の水位が下がるのだが,今年ほど低くなったのは初めてだ。冬の間の降水量が少なかったのだろうか。

去年は逆に水位が春先から高かった(→08年5月2日)。

これからどうなることか。このままだとボートが出しにくくて困るのだが…。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

魔女の来る日
200904noidat.jpg


今日はイースターの1週間前。フィンランドではこの日に「魔女」が玄関に現れることがある。

魔女に扮装した子供たちが近所の家々をまわって飾りをつけたねこやなぎの小枝を振りながら呪文を唱え,お菓子をもらうというならわしだ。

年によって1人も現れなかったり何組も来たりするのだが,今日は3人組の魔女たちが1組だけやってきた。呪文を唱えてくれたので用意しておいたお菓子を差し出す。子供たちが楽しそうに笑う。春も近いなあ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

通信教育終了
200904posti.jpg

息子は中学1年のときから海外子女教育財団の通信教育で日本語の学科を勉強しているのだが,ついに中学3年の課程を終え,最後の添削問題の回答を送ることになった。

こちらの学校の勉強との両立は大変なこともときどきあったが,とりあえず日本にいたなら中学卒業という時期どおりに終わったのは偉いと思う。

日本人の先生に見てもらっている国語も,今週でちょうど終わりになった。息子としては国語はなんらかの形で勉強し続けたいという気持ちがあるようだが,どのように勉強していくのか,何を目標にするのかなどは現時点では決まっていない。日本国外にいると教材も手に入りにくいし難しいところだが,なんとか勉強が続けられればと思っている。


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育



プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。