スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ情報システム?
YLE放送のニュースによると,学校で起こったいじめの事例を登録する全国的なシステムが,教育専門家によって提案されているそうだ。

現在,学校でのいじめは学校ごとに対処され,報告義務はない。提案されているシステムでは,いじめがどのように起こったか,どう対処し解決したか,当事者である生徒が他クラスに移ることになったかなどの情報を蓄積することで,新しく発生したいじめに対処する方法が分かりやすくなるということだ。

こういった情報システムの構築はそれほど大変なことではないそうだが,教育省は現在のところこの提案にあまり前向きではないという。実現するかどうか。

こういった新しい取り組みも検討されているのだなあと感心するが,以前書いたように(→06年11月11日)現在でもフィンランドの学校でのいじめへの対処はかなり迅速で真剣だと思う。

息子の周辺では,現在進行中のいじめはないようだが,一方授業妨害のような行動が散発しているようで,それがちょっと気になる。


スポンサーサイト
犬の鼻
うちの犬はゴールデンレトリーバーの♀で,今2才である。

うちに来た子犬のころは毛色が真っ白だったが,成犬になったころから色が濃くなって今は薄茶色に近い。さらに去年の秋ぐらいから,黒かった鼻がどんどんピンク色になってきた。

200812kuono.jpg


毛も短めなので,この鼻の色ではイエローラブに間違えられるんじゃないかと心配(?)だ。

それはともかく,鼻の色が薄くなっていくのに驚いてはいたが,そういうゴールデンもいないわけではないので特に何もしなかった。

が,妻がゴールデンに詳しい同僚にふとこの話をしたところ,予想外の展開があった。

その同僚さん曰く,ゴールデンの特にメスは,夏の間日光が少ないと秋以降こういうことになりやすいのだそうだ。確かに昨夏は雨が多くて日照が少なかったが,まさかこんな影響があるとは。

健康上問題があるわけではなく,また日を十分に浴びると色が戻るのだそうだ。

まだ半信半疑だが,今年はもう少し日に当ててやろうか。今はまだ日が短く,日の出が9時ごろで日の入りは4時ごろだ。2月後半になるとだいぶ明るくなるのだが。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

小学校入学手続き
各自治体での,小学校の入学手続きが始まっている。

新学年の開始は8月だが,もうこの時期に手続きするようだ。日本では自治体から家庭に通知があるのだったと思うが,フィンランドでは家庭の方から手続きするらしい。

というのも,今年入学することになるのは大多数が2002年生まれの子供だが,他に2001年生まれで就学を延期していた子供,2003年生まれで通常の義務教育より長い小学校教育を申請する子供,2003年生まれで1年早い小学校教育開始を申請する子供,というように年齢による一律ではないからだ。

フィンランドではこのように,1年早く学校教育を始めたり1年遅らせたりが可能だ。もちろん親がいつも勝手に決められるというわけではなく,書類の提出が必要だったりはするが,全般に個々の子供の特性に合わせて変えられる度合いが高い。

実際,うちの息子も最初に入った移住者向けのクラスで1年間フィンランド語の習得を主目的に勉強した後,次の年に本来の学年より1年遅らせて小学校2年生に編入した。

日本だと,他の子供と比べて進んでいるか遅れているかということにどうしても敏感になってしまうのではないかと思うが,こちらでは進んでいるのが良いこと,遅れが悪いことと短絡的に考えず,実年齢がどうかより子供自身の進度や特性に教育を合わせることを重要視していて,これはいいことだと思う。

入学申請にあたっては学校の選択もある程度できる。二言語地域ならフィンランド語学校かスウェーデン語学校かで大きく分かれるし,通学のしやすさや学年が進んでからの外国語選択の幅を考えて学校を決めることもあるようだ。もっとも,田舎の方だとひとつしかないことも多いけれど。

入学申請はネットででもできるが,子供はたいてい就学前教育(esikoulu)に行っているので,そこでも手続きできるそうだ。就学前教育開始の手続きもこの時期に行われている。


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

円形の氷
犬の散歩に出かけた息子が,直径1メートルもありそうな氷の円盤をかかえて帰ってきた。

これはその氷をベランダのいすに立てかけてみたところ。厚さは3cmほどか。

200901jaa.jpg

湖はほぼ全面凍結しているが,上の湖から水の流れ込むところでは,水と氷の境がいろいろに変化する。少し前のそのあたりの写真↓

200901kanava.jpg

湖の氷と一口で言っても,気象条件や水の流れによって凍り方は千差万別だ。氷ができかけるときこんな蓮の葉状になることもあるが,きれいに円形になっているのを面白いと思って持ってきてしまったらしい。

ベランダでテーブルにしてお茶でも飲むといいかな。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

地方議員の兼業
先日の地方議会選挙で当選した議員によるこの町の最初の議会が14日に開かれるということで,新聞に現議員の顔ぶれが出ていた。記事を何気なく見ていたら,なじみのある顔と名前を発見してちょっと驚いた。

息子の通う中学校の校長先生だったからである。

まさか現役の校長が議員も兼ねるとは思わなかった。選挙期間中(⇒昨年10月13日)や投票結果の発表(⇒昨年10月27日)の時も気づかなかった。

記事のデータによれば,40代の彼女は4児の母でもあるらしい。

他の議員のデータもよく見てみると現役教師が多い。43人中,他にも教師が5人いる。うち2人は他の仕事と兼業のようだ。フィンランドではもともと兼業の先生が多いが,その上議員までするとは。

もっとも地方議員自体,専業の人はほとんどいない。自営が多いようだが学生も2人,国会議員との兼業の人もいる。

記事のコメントでも校長先生のことは言及されていなかったから,珍しいことではないのかもしれない。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

税率カード
フィンランドでは年明けに税務署から税率カード(verokortti)が送られてくる。

これは勤務先に提出するためのもので,その税率で給料から源泉徴収される。通常は前年の収入に応じた今年の収入見込みにより税率が決められる。フィンランドで初めて雇用される場合や前年と大幅に違う場合は,申請すればそれに応じた税率が設定される。

税率は通常2段階になっていて,収入が設定された収入見込みを超えると高い方の税率が適用される。ただし最終的にはいろいろな控除等も含めて精算され,還付されるか追徴されることになるのだが。また2か所に勤務する場合のために,書類は2部に分かれている。

今回,私と妻にはもちろんだが息子にも届いたのでちょっと驚いた。

200901verokortti.jpg

添付された説明書きに,これがあなたの最初の税率カードですという説明がある。夏のアルバイトや,中学を卒業して就職した場合に使うためのようだ。裏側は同じ説明がスウェーデン語で書かれている。

16才になる年の初めに自動的に送られてくるものらしい。

これによると年間所得が1420ユーロまでの税率は0%,それを超えて13700ユーロまでは12%,その上は40%という税率で源泉徴収が行われる。

このカードは,雇用されなければ手元に置いておくだけだ。今年,息子にこれを使う機会があるかどうか。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

春学期前半開始
クリスマス休みが終わり,春学期前半が始まった。

この期間の時間割は下のようになっている。

lukuj-2008-3.gif

火曜日は8時間あり,そのうち4時間は体育だ。一方,月曜日は授業開始が10:05とずいぶん遅い。

この期間は,理科系の教科として生物と物理があるが,社会科系はない。たくさんの生物の名前をフィンランド語で覚えるのが大変かもしれない。語学ではスウェーデン語が戻ってきたが英語はない。

緑色のコマは選択科目。「短い」選択科目である「アニメーション」が2時間ある。アニメの製作をするのだろうと思うが,どんな内容なのか興味しんしん。

〈参考〉 今学年の,他の期間の時間割:
秋学期前半
秋学期後半


車内での携帯電話
フィンランド運輸通信省,携帯電話事業者,交通局などが共同で「大声をやめようキャンペーン」(Älä kailota kampanja)を行っている。

これは,バスや電車の中で大声で通話するのを控えようというものだ。

フィンランドでは,そして日本以外のほとんどの国でそうだと思うけれども,公共の乗物の中で携帯電話を使うのは悪いこととはされていない。こちらでは携帯電話をペースメーカーと結びつけることはなく,車内で携帯電話が自由に使われている。携帯禁止の車両もあるが,その方が例外的だ。

しかし,大声での通話が周りの乗客に迷惑になるのは同じだ。特に,フィンランド人は元々話し声が大きい(ような気がする)ので,結構離れていても聞こえるし,携帯の通話となると対面での会話以上に大声を出す人は多いと思う。

またうっかり通話で話したことで,個人情報が筒抜けになってしまうこともある。このキャンペーンは,そういう行動をいましめ,周りに迷惑をかけないよう気をつけようというものだ。キャンペーンのホームページ http://www.alakailota.fi/ には車内での携帯使用に関する注意やその説明,おまけでゲームもある。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

寒波
20090103.jpg

年明けから急に寒くなった。今朝は気温が -15℃くらいで,午後になっても -10℃程度だったと思う。近くの湖も全面結氷したが,まだ上を歩く人は出現しない。

天気はよく,太陽はまだ弱々しいがダイヤモンドダストや木のこずえに付いた霜の結晶がきらきら光ってきれいだ。これでこそフィンランドの冬。楽しい。

天気予報によれば,まだしばらく寒い日が続くようだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

消火活動
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。



フィンランドでは年越しに花火をたくさん打ち上げるということは以前にも書いたが,この大晦日も盛大に花火が上げられた。打ち上げ花火やロケットが多く,年々派手になっていくような気がする。

ちょうど夜中の12時を過ぎて新年になり,打ち上げに一層力が入ってきたかなと,家の窓からあちこちで上がる花火を見ていたときだ。

近くの湖の岸辺で火の粉が上がり始めた。最初は地面に置いて点火する型の花火と思っていたのだが,どうも横に広がりすぎるので,花火でなく岸辺の枯れ草が燃えているのだと気づいた。

消えきっていない流れ弾で草に火がついたのだろう。急いでバケツを持って見に行ってみると,だいぶ下火にはなっていたがやはり草が半畳分くらいに燃え広がっていた。凍り始めた岸辺からバケツで湖の水をくんで何度かかけ,完全に火が消えるようにした。

その間も湖面を飛ぶ花火が自分の方にカーブしてきたりしてちょっと恐かった。水平射ちはやめてもらいたいな。

ニュースを聞いていると,花火による出火で消防隊が出動したり,目を怪我したりという事件もいくつかある。これも毎年のことではあるが…。

まさか年の最初にすることが消火活動になろうとは思わなかった。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報



プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。