スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「二つの月」の謎
なんて大仰なタイトル(笑)。

25日の記事への suomestaさんのトラックバックで、東山魁夷の作品「二つの月」にはヘルシンキ説とルオヴェシ説があることを知った。

「二つの月」は大好きな作品のひとつなのだが、私の印象としてはあの景色はヘルシンキよりは風光明媚な森と湖の景色にあふれたルオヴェシなのである。だが本当はどちらだろう。どこかに決め手はないか。

そうだ、画伯がこの作品の製作前にフィンランドを旅したのは1962年6月だったはずだ。写実性豊かな画伯の絵であるから、月の様子から分かることがあるかもしれない。天文ソフトでこの時期のフィンランドの月の状態を調べてみることにした。

この月の満月は18日となっている。「二つの月」は右側が少しかけ始めた、満月を過ぎて3~4日の月と思われる。この時期の滞在先は?画伯の北欧への旅を綴った新潮文庫『白夜の旅』を取り出してみる。

フィンランドの章をめくると、ヴィラット滞在中に夏至祭の前夜祭に出会い、それは6月20日以後の最初の土曜日という記述がある。これは6月23日であろう。その後「詩人の道航路」でルオヴェシを通っている。ルオヴェシだとしたらこの時であろう。しかし船の運航は昼間、絵のように暗くならないし月の欠け方からいって太陽は地平線下のはずである。となると船に乗る前に滞在したヴィラットで写生されたものかもしれない。

天文ソフトでその頃の月を表示してみる。月の出は午前1時過ぎ、とはいっても白夜の時期で空は薄明るい。月が絵のような状態になるのは2時頃か。とすればヴィラットで前夜祭を遅くまで観覧した際に見えたものとも考えられる。

しかし、月の欠け方が絵と違うのである。以前「夏の月」で書いたように、夏のフィンランドでは満月に近い月は高く昇らない。そういう時は地平線に近い月の欠ける部分は、ちょうど写真にあるように真横になる。フィンランドで、絵のように斜め上が欠けるのは真冬しかない。画伯は美意識から月の欠け方を斜めに変えたのだろうか。それとも日本の月を当てはめたのだろうか。

さて、また『白夜の旅』を読んでみると、ヘルシンキ滞在中にこんな記述があった。

すでに真夜中近くであるのに、夕づく頃の明るさである。澄み切った風景が私の前にあった。鏡のような水面は、黒く連なる針葉樹の森を、そのままの姿で映している。…月が、空と水の上とに二つあった。冴えてはいるが、穏やかな光であった。

絵のとおりである。なんだ、やはりヘルシンキの月だったのではないか。しかし、となると日程としては満月前のはずだから左側が欠けていることになる。そして月がこの高さになるのはむしろ真夜中過ぎだ。となるとヘルシンキの月と断定もできないような気がしてくる。さて真相は? 結論は出ないがせっかくの芸術作品に対し無粋な分析で失礼しました~。

ところで「二つの月」を検索してみると、出てくる画像は本の口絵にあるものと湖の対岸の林の形が少々違う。この絵には2バージョンあるのだろうか?




スポンサーサイト

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

つかの間の青空
この時期はいつものことだが天気が悪い。霧雨が続いたり、時にはみぞれになったりどんよりしているので、そうでなくても短い昼間がさらに暗くなって気分が落ち込む。

しかしこの週末は、ちょっと青空がのぞいた。土曜日の朝起きると西の空に沈んでいく満月が。ちょうど冷え込んで、湖にうっすら張った氷に写り、幻想的な景色になった。ちょっと東山魁夷の『二つの月』のよう。

20071124.jpg


日が昇ると、薄い氷の解けかけた湖に澄んだ初冬の景色が映ってまたきれいだった。

20071125.jpg


しかし日曜日の昼ごろからはまたみぞれが降り出し、灰色の世界に戻ってしまった。早く雪がつもるといいのだけれど。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

子音階程交代
息子の化学の試験の答案が返ってきた。

まあまあよくできていると思うが、中にこのような問題があった。

200711kemi13.gif


「H2, O2, N2 の意味を、図を描いて説明しなさい」という問題なのだが、それに対する解答「これらは水素、酸素、窒素からできた分子である」で、各元素の単語を vetystä → vedystä、hapista → hapesta、typistä → typestä と直されている。

息子は元素のフィンランド語名そのものを間違えていたわけではない。「から」を表す格変化の語尾を間違えたのだ。ちなみに molekyyliä(分子)の語尾も正しくは molekyylejä だと思うが、そこは直されていない。

フィンランド語は日本語の助詞のように名詞の語尾が文法的な格によって変化する。日本語の場合は名詞に助詞が付いてもそのまま連続するだけだが、フィンランド語の場合は音変化を伴うことが多い。「から」に当たる語尾は -sta または -stä なのだが、vety(水素)を「水素から」とするためにこの語尾を付けると vetystä ではなく子音階程交代という音韻法則が働いて t が d に変化し vedystä になる。happi の場合も p が1個になるような変化をし、さらに i が e に変化して hapesta になる、といった具合だ。

日本語でいえば、「一本、二本、三本」が「いちほん、にほん、さんほん」でなく「いっぽん、にほん、さんぼん」となるようなものか。

こういった語尾変化はかなり規則的ではあるが、その規則がとても複雑で、また本来のフィンランド語と外来語では変化の仕方が違ったりする。フィンランド語文法の難しさのひとつだ。

日本語の「いっぽん、にほん、さんぼん」が日本人にとって自然なものであるように、息子の場合、フィンランド語は現地で体で覚えたので、こういった語尾変化はほとんど意識しなくても自動的にできている。だからこのような、語尾変化の間違いを指摘されることはあまりない。

しかしそれも日常使う単語であればこそで、「水素、酸素、窒素」の変化形などは日常生活であまり使わないので自然には出てこなかったのだろう。これらの単語が外来語であるかのような語尾変化のしかたで書いてしまったのだった。

フィンランド語の語尾変化を複雑にする、この子音階程交代(Wikipediaの「フィンランド語」の項に説明あり)は、フィンランド語を習ったことのある人なら一度はぶつかる壁のひとつだと思う。もうひとつの音韻法則である母音調和は比較的簡単にマスターできるが、こちらはかなり長く学んでも結構間違えてしまうことが多い。間違えて喋ったところで分かってもらえることがほとんどだが、場合によっては大きく意味が違ってしまったりするし、子音階程交代が分からないと辞書を引けないことも多い。

子音階程交代はフィンランド語に限らず多くのウラル語に共通する性質でもある。しかもエストニア語やサーメ語ではフィンランド語より複雑だそうだ。以前、日本でのフィンランド語教室で、フィンランド語の他にはどんなウラル語を学習したいかという話になったときに、私が「母音調和があって子音階程交代がない言語」と言ったら、講師の先生からは即座に「それならハンガリー語」という答えが返ってきた。他にもハンガリー語は興味深い性質が多いので、いつか学んでみたいと思っている。ちなみにこの人こそ11月15日 で書いた『フィンランド語のしくみ』の著者である吉田欣吾先生なのである。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

看護師組合の賃上げ問題
ここ数週間、フィンランドのニュースを席巻していたのが 看護師組合Tehyの賃上げ問題だ。

これがまた大変に大きく複雑な話で私も詳しくは知らないし、最近まで興味がなかったのでちゃんとニュースを追ってはいなかった。そのため間違いがあるかもしれないが、とりあえず大まかに書いてみる。

Tehyはフィンランド最大の看護師の労働組合で、公共病院(フィンランドではほとんどの病院がそうである)の75%の看護師が属しているという。看護師の給料は他職種に比べて仕事のきつさの割に低いことが以前から問題になってはいたが、この秋 Tehyは大幅な賃上げを要求した。それが認められない場合は、集団辞職で1万数千の看護師が辞職ということになるため大変な問題になっていた。

これに対して国会は大急ぎで「Tehy法」とも呼ばれる「患者保護法」を可決した。これは患者が医療を受けられるよう、辞職した看護師までをも指名して勤務させることができるという法律で、まさかと思ったが大統領署名までも得て成立した。

ぎりぎり期限の19日になんとか交渉は妥結した。合意された賃上げ率は22~28%というので驚いたが、テレビで見たTehy代表の得意満面の表情と妥結内容を聞いて歓声を上げている組合員の映像は印象に残っている。

妥結により事態は収拾するかと思われたが、さらに大きな波乱を引き起こしつつある。

まずTehy組合員とそれ以外で給与が違ってきてしまうことになり、これは法律にも抵触するおそれがある。とはいえ「体を張って」賃上げを獲得した組合員とそれ以外が同じ待遇でいいかどうかは難しいところだろう。

住民にとっては、看護師の数と質が確保されるのはいいことだが、給与の上昇は自治体の財政を圧迫し、年々上がり続けている住民税がさらに上昇するのは必至だ。

さらに、他職種公務員の賃上げにも波及しそうだ。すでに消防隊員などの組合では動きがあるらしい。Alko(酒類専売会社)の職員や薬剤師のストも始まっている。今後どうなることやら。

フィンランドでは大ニュースだったが、国内問題だったからか日本のニュースもCNNなども取り上げなかったようだ。フィンランド語では Wikipediaで概要やニュースをたどれる。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

湖の危険
200711ranta.jpg


先週やや冷え込んでいたため湖は凍り、その上にうっすら雪がつもった。岸の近くは水がしみ出して表面の雪が解けかかっている。うちの犬はその下が水と知ってか知らずか、岸からちょっとだけ氷の上に降りてはまた岸に戻ってくる。

こんなときにウサギでも追いかけて湖の氷を踏み破ったら大変だよね、などと家族と話していたら、18日付のAamulehti紙に、本当にそういう記事が出ていた。

犬がウサギや鹿を追って湖の薄い氷に乗り、水に落ちてしまうという事故がフィンランドのあちこちで起こっているというのである。救急隊が出動して、まあ救助される犬もいるのだろうが命を落とすことも多いらしい。

ウサギはいかにも身が軽そうだから、湖の薄い氷の上を跳んでいけそうだが、鹿でもそんなことがあるとは。

ともかく愛犬を危険にさらさないように気をつけなくては。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Lidlの冷凍鯛
近くにLidlというスーパーがある。フィンランドでここ数年のうちに急成長して店舗を増やしたチェーン店で、今やちょっとした町には必ずあるというほどの勢いだ。ドイツが元で、西側ヨーロッパのほとんどの国に進出している。

このLidlを毛嫌いするフィンランド人は多い。「Lidlは安い」というキャッチフレーズのとおり、とび抜けた安売りで価格破壊をしていること、特に赤字覚悟で目玉商品に安値をつけることへの反発があるほか、品揃えが少なく安売りできる商品しか置かないためだろうと思う。

店舗も少数の例外を除いてまるで同じ形の売り場を持ち、一旦店に入ればどの店舗にいるのか分からないくらい同じ配置の棚が並んでいる。徹底したコストダウンなのだろう。

嫌われがちなLidlであるが、うちは割と好きでよく買い物に行く。安いということもあるが、なにより品揃えがフィンランドのほかのスーパーと大きく違うからである。他の大型スーパーは、品数が多いといっても大差のないものが並び、スーパーによって品揃えが違うこともほとんどない。その点、Lidlはドイツ産のものをはじめ、他のスーパーにない品物が買えるのだ。そういう珍しい品物はLidlで買い、Lidlにない品物は他スーパーで買っている。

前置きが長くなったが、Lidlでは今、ギリシャグルメフェアをやっている。海産物やお菓子など、ギリシャ食品の特集だ(本当にギリシャ産かどうかは判らないが)。そこで鯛らしき魚の冷凍を売っていたので買ってきて昨晩のおかずにしたら、これがめっぽうおいしかった。軽く塩を振って焼き魚にしただけで、塩味でも醤油味でもいける。そういえばクレタ島でこんな焼き魚を食べたっけ。

というわけで早速今日行って、もう3箱買ってきてしまった。

200711seabream.jpg


4尾入って 9.99ユーロ、1尾あたり400円相当だからそう安くはないが、単調なフィンランドの食生活が少しは救われる。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

ボクシングジムへ
息子は最近ボクシングジムに通うようになった。

小学校の同級生で今も同じ中学校の友人2人が、やはりしばらく前に通い始めたので興味を持ったらしい。同級生でもう1人始めそうな子がいたりなど、彼らの中ではちょっとしたブームなのかもしれない。

フィンランドは、それほどボクシングが盛んなところではないと思う。私自身もボクシングのことはまるで知らないので見当がつかないのであるが、まだごく基礎を習っている段階らしい。必要な用具はだいたいジムで借りられるのだが、マウスピースやバンデージというのだろうか、手に巻く包帯のようなものは自分で買った。さらに昨日は縄跳びの縄(ボクシング用品としてはもっと気の利いた言い方があるのだろうか?)も買ってきた。だいぶ熱が入っているようである。

練習は週に3回あるが、ここはジムまでバスで片道40分ほどかかることもあり、友人は週2回にしているようだ。息子も最初はそうだったが、今週は3回、土曜日の今日も出かけている。

講習料はジュニアの場合、クリスマス休み前までの半期で75ユーロということで最近振り込んだ。途中から始めたので、回数からいうとやや割高になってしまうわけだがこのくらいならいいか。もしかしたら他に費用がかかるかもしれないが。

どのくらい続くか、見守ってみようと思う。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド語の入門書
昨晩のことだが、教えて!goo を見ていたら「スウェーデン語とフィンランド語とでは…」という質問が目についた。すでにいくつか回答があったが、フィンランド語を日常使っていてスウェーデン語も少し学習した経験から回答を書き、さて投稿しようとしたらすでに締め切られてしまっていて脱力した。質問の投稿から数時間しかたっておらず、またそれが日本時間では明け方だったので、まさか突然締め切られるとは思わなかった。

回答を書くにあたり、現在出版されているフィンランド語の入門書をあらためて Amazonで見てみたのだが、ここ数年でずいぶん多くなったものだと感心する。20年近く前、私が最初に手にしたフィンランド語の入門書は『フィンランド語エクスプレス』だった。選択肢はいくつもなく、『フィンランド語四週間』よりはこの方が新しそうだし薄くて終わりまで行けそうだと思ったのである。

近年はとっつきやすい入門書も多くなり、それぞれ良さそうであるが、特筆すべきは白水社の『フィンランド語のしくみ』だと思う。この『しくみ』シリーズは各国語を「学習」するのでなく、新書のように読みながら特徴を概観できる語学書なのだ。といっても私はこの本をななめ読みしただけで買っていない。代わりに『ラテン語のしくみ』を買ってしまった(笑)。で、ラテン語の雰囲気が分かってとてもいい本だと思ったのである。フィンランド語も定評のある著者の手によるものなのでおそらくいい本だと思う。


テーマ:語学・国際交流 - ジャンル:学問・文化・芸術

子どもの国会
Aamulehti紙Helsingin Sanomat紙 等の報道によるとタンペレ市で8日、第一回の「子どもの国会」が開かれ、全国210の自治体から約360人の小学生が集まって子供にとっての学校や地域生活の問題を話し合ったそうだ。

話し合われた内容としては、村の小規模校を廃校にしないこと、給食を改善すること、教科書の保有数を増やして再利用率を下げること(参考:8月27日の記事9月20日の記事)などがあり、Aamulehti紙の上記リンクからたどれるビデオでは学校周辺の安全やいじめ問題も言及されている。

給食の質と量については以前から言われていることで、昨年12月2日に書いた記事で自治体への小中学生の要望としても出されていたが、あまり変わっていなかったのかもしれない。給食費が無料なのはありがたいが、親としては費用を負担してもいいから改善してもらいたい気がする。

この「子どもの国会」は専用のサイトもある⇒http://www.lastenparlamentti.fi/。今後は年に1回、来年はユヴァスキュラで開かれるそうだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

銃乱射事件
昨日フィンランド南部のヨケラ高校で起きた銃乱射事件はフィンランド中を揺るがした。その高校の3年生が自分の銃で生徒と校長、職員計8名を射殺し自殺を図ったのである。学校に放火しようとした痕跡もあるという。犯人は搬送先の病院で死亡した。

私は以前その隣町に住んでいたのでよけい驚いたのだが、ヨケラは平和な田舎町で、凶悪な事件など起こるようには思えない場所だ。

動機についてはまだ捜査中らしいが、YouTube他に犯行声明と見られるビデオが残されていた。昨夜そう聞いたときにTouTubeで検索してみたら、ビデオは見つかったのだが再生できなくなっていた。しばらく後には検索でも見つからなくなった。

犯人は趣味で地元の射撃クラブに所属していたという。フィンランドは確かに銃所持率が高い。それは狩猟の伝統という面が大きいし、以前書いたように野生の熊やオオカミから身を守るためもあると思う。しかし銃社会で人間の暴力からの護身として銃を持つというわけではない。それでも銃については近年問題になっていて、年齢や条件を厳しくするという議論は行われていたのだが、そのさなかにこのような事件が起こってしまった。

息子の通う中学校では、朝の校内放送で校長先生がこの事件に触れ、命の大切さや思いやりを説いたようだった。電子連絡帳でも校長先生からのメッセージがあり、学校で生徒の不安に答える場を用意したことや家庭での話し合いを勧めること、また追悼を形にするため18:00に窓辺にろうそくを灯しましょうと書かれていた。

わが家でもろうそくを灯したが、犠牲者やその家族の無念さは計り知れない。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2言語で数学と化学
通信教育での日本の教科の学習は、数学が図形、理科が物質・原子・分子という単元に入った。偶然なことにフィンランド現地校での数学も図形、化学が原子・分子に関する章が始まった。

日本の教科は中学2年、フィンランドでは7年生(中1相当)なので1学年ずれているのだが、これほど同じ分野というのも珍しい。たいていは以前に書いたように(昨年10月24日)てんでばらばらで困るのだが。

化学での元素記号や「原子」「元素」「分子」といった概念の導入も、とても似通っているのでかえって驚くくらいだ。

数学の図形では、意外と記憶しなければならない語彙が多い。「内角・外角」「垂直二等分線」「扇形」「同位角」など、外国語が結構得意な方でもその外国語で言えないことが多いのではないだろうか。図形問題は証明と結びついている。ただ答えを出すだけではなく、なぜそうなるか言えなくてはならないのはどちらの国の数学でも同じだ。だからこういった語彙を覚えないと問題に答えられない。

200711mat.gif

フィンランドの数学の教科書の一部、円の部分の呼び名

ところで言語の影響がないように思える数学でも、ちょっとした違いもあって面白い。たとえばフィンランドの数学の教科書では、上の図のように扇形とともに円を直線で切った形が出てくるが、これに対応する日本語はないと思う。また日本語で「同位角」と「錯角」はフィンランド語ではどちらも同じ samankohtainen kulma という。これは言葉からすれば「同位角」である。

また言葉以外の慣習の違いもある。日本の数学では角を表すのに ∠A とか ∠ABC などと書くが、フィンランドの数学では角度のところにギリシャ文字 α, β, γ などが書いてあって「∠」という記号を使わずそのギリシャ文字で角度を表す。

他にもいろいろあって面白いのだが、長くなるばかりなのでこのくらいにしよう。

教科の内容が共通している分、楽をできるのではないかと思うが息子本人にとってはどうか分からない。ほぼ同じ意味の用語が出てくるが、両方いっぺんにやっているためか、ときどき日本語だけで言えたりフィンランド語だけで言えたりとちゃんぽんになっていることがある。一方を終わった頃他方が始まれば理想かもしれないが、そこまでうまくはいかない。


テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育

雪の季節到来
200711lumitulo.jpg


今日は諸聖人の日(Pyhäinpäivä)というキリスト教の祝日だったが、土曜日なので休みが増えたわけではない。商店は休みだ。

朝から細かい雪が静かに降って、3cmほどつもった。雪はしだいにやむようだが、気温は下がって月曜日の朝は -10℃を下回るという予報だ。

予報を見て、昨日、車のタイヤをスパイクに替えた。日本ではスパイクタイヤはもうほとんどないのだろうが、こちらはまだ主流である。スタッドレスもあるが、スパイクが禁止されてはいないので多数派にはなっていない。

今年は11月初めからスパイクタイヤ使用が許可され、また12月初めまでには冬タイヤを装着していなくてはならないとラジオで聞いた。年によってどのくらい違うかよく覚えていないが、90年代初めには10月初旬ごろタイヤ交換をしていた記憶がある。

ところで昨日、タイヤを替えようというその日に、腰にいやな感じがした。実は私は2回ほどぎっくり腰をやっている。また危なそうな気がしたのだ。

なので、今回は力の入る作業を息子にやってもらった。タイヤ運び、ジャッキアップ、タイヤの取り外し、付け替え、といったことである。中学生ともなると力も充分あって作業はスムーズに行くからありがたい。私は汗もかかず、タイヤ交換の後、近所のガソリンスタンドに空気圧の調整に行き、1時間たらずで全部の作業が終わった。

これから4月半ばまで、半年近くスパイクタイヤで走ることになる。多少乗り心地は悪くなるがやはり安全第一である。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

ホームズ彗星
最近話題になっているホームズ彗星を見た。これは1週間ほど前に40万倍にも明るくなった珍しい彗星である。

このようなことは100年に1度あるとかないとかというので見たいと思っていたのだが、この時期のフィンランドは天気が悪い。今日やっと晴れたので探してみたのだった。

国立天文台の特集ページなどで位置を調べ、東の空を見てみる。ペルセウス座の中にあるはずなので、分かりやすいすばるから左上に探していったが肉眼では特に変わった星は見えない。ところが8倍の双眼鏡で見てみると、ぼやっとした雪玉のような彗星がすぐに視界にとびこんできた。天体望遠鏡も持ち出して見たが、やはりぼんやりした球体に見える。

彗星は何度か見たが、これほど丸く大きいのは初めてである。バースト以来、1日に角度にして1.3分角の割で大きくなっているとかで、現在見かけの直径が10秒とすれば、彗星までは太陽までの距離の1.6倍ほどあるからざっと計算して直径70万km、地球を回る月の軌道くらいまで大きくガスが広がったことになる。

いや~、面白いものを見た。何日か続けて見えたら楽しいのになあ。自分で写真などは撮れないが、アストロアーツの投稿画像ギャラリーには多くの写真がある。次第に膨らんでいく様子が分かってき面白い。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

遅刻についてのお達し
電子連絡帳(⇒8月20日の記事)に校長先生からメッセージが入っていた。

ちょっと緊張して読むと、遅刻に関する話らしかった。

今学期の取り決めで、3回遅刻をした生徒は先生と話し合いを持つことになっていた。しかし、遅刻の常習犯はこれで改善されなかったため、今学期後半はさらに3回遅刻をすると1時間の居残りにすることにしたというのである。

このメッセージは保護者全員に宛てられたものらしく、宛先は何百人もあろうかという長さだった。息子は今まで遅刻をしていない。それは電子連絡帳の記録でも判るし、むしろ待ち合わせでも何でも早めに行き過ぎるくらいで、遅刻の心配はあまりない。

しかし、こういう事態から考えると遅刻の常習犯が多くいるのであろう。居残りをさせたり対策を考えたりする先生も大変だ。


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育



プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。