スオミの森の陰から
フィンランドの湖畔に移住した(?)日本人家族の日常や現地事情を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女格差問題
先週、世界経済フォーラムの調査による男女の社会的格差のランキングが発表され(⇒Yahoo!ニュース等)、日本が79位だったのに対し上位は北欧諸国が占め、フィンランドは3位だったというニュースがあった。

フィンランド国内ではこのニュースを目にすることはなかったのだが、古くから男女同権を謳ってきた国であり、男女格差の少ないことでトップレベルなのはまあ当然と思えた。ところが26日付のAamulehti紙Helsinginsanomat紙には意外なニュースが載った。大学など高等教育において、女子は男子より希望学科へ進学しにくくなっているというのである。

この調査結果がフィンランド人にとっても意外だったのは、一般に高校までは女子の方がコツコツと勉強し、男子より成績がよく、また大学でも女子の割合は上昇し続けているという事実があるからだ。ではなぜフィンランドでこういう現象が起こっているかというと、女子が目指す分野である人文・社会科学系、保健・保育系などは男子が主に目指す技術系分野に比べ定員が少なく、結果的に競争率が高くなっているという理由なのだそうだ。

それというのもフィンランドは、EUの中でも分野ごとの男女の分化の傾向が強い。結果として、学科も職業も分野により男女がかなり分かれてしまっているのである。確かに回りを見回しても、例えば技術職は意外なほど男性中心になっているし、事務職や販売、保健関係、教育関係は女性が多い。こういった分化はフィンランドの文化に根ざしていると記事では言っている。

あらためて世界経済フォーラムのプレスリリースを見てみる。記事には上位国しか表示されていないが、リンクされているExcelシートをダウンロードすると表全体を見ることができる。

この表を見ると、総合ランキングと各分野のランキングの間にずいぶん大きなギャップがあるのが判る。例えば総合1位のスウェーデンは健康分野では70位なのだ。フィンランドの教育はというと、17位だからまあ悪い方ではない。その他経済分野で8位、政治分野で3位、健康分野で1位だから割とバランスよく上位につけているともいえるだろう。というか1位のスウェーデンに劣るのは政治分野だけなのだ。その政治分野にしても大統領が女性、国会議員も大臣も3分の1以上が女性だからそんなに悪くないのではないか。いや、スウェーデンに敵愾心を持っているわけではないのだが…。北欧諸国は総合ランキングでは軒並み上位だが、健康分野ではフィンランド以外はみな相当下位というのも不思議なものだ。

話がそれてきたが、こんなふうに男女格差の少ないフィンランドでも、結果として大学進学では女子が不利になっているという現象が起こっているというわけである。フィンランドでは男女の給与レベルの格差問題も長いこと議論になっている。しかし逆にいえば、性別にかかわらず同じ学習機会やキャリアを持てて当然という考え方があってこそ、問題がクローズアップされているようにも思う。日本の方は、調査で下位だったから言うわけではないが、何かにつけてまだまだ男女は元々違う人生を歩むという前提の考え方が強いように感じる。


スポンサーサイト

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

語彙力と2言語習得
辞書について書いたついでに、息子自身の語彙の発達について書いておこうと思う。

息子は小学校2年で日本を離れたので、5年経った今、日本語の抽象的な語彙の発達の遅れが気になってきている。

たとえば教科書に出てきた「経済」という語の意味が分からなかったようなので、ちょっと驚き解説していたら「ああ、ケイザイのこと!」と気づいたようだった。耳から入る「ケイザイ」は聞き覚えがあるらしい。フィンランド語で Talous のことだと説明したら納得したようだったが、どうやら「ケイザイ」と「Talous」はばらばらに脳の中にあり、漢字で新しく入ってきた「経済」を結びつけるのは思うほど簡単ではないらしい。

また日本史の安土桃山時代でルターが出てきたとき、「ルターは去年のフィンランドの歴史の時間で習っただろ」と言ってもまるで思い出せないようでがっかりしたのだが、よくよく話してみると「ああ!Lutherのこと?」と思いっきりフィンランド語発音で言ってくれた。「ルター」と「Luther」はまったく別な発音として頭の中にあるようで、これらが同一人物で当たり前、と思ってしまうのは大人の勝手な発想なのかもしれない。

新しい言葉を覚えたとき、それがフィンランド語であれば日本語で何ていうのだろうとか、日本語であればフィンランド語で何だろうとかはあまり考えないらしい。その言語だけで理解するのは、育ちながらバイリンガルになっていく子供の利点でもあるのだろうけれども。

日常生活や友達との付き合いに関しては問題ないバイリンガルになってきているが、話し言葉ではあまり使わないような抽象的語彙はどうしても吸収が遅れるし、興味も持てないだろうから、聞いたことがあっても定着しにくい。

日本語の抽象的な言葉を説明するのにも、フィンランド語の対応する言葉を教えることが次第に多くなってきている。といってフィンランド語の語彙も、同年代の子供と同程度なわけではない。

大人としての、また学習や仕事に足りる言語表現の習得がどちらの言語でも不十分になってしまう、いわゆるセミリンガル状態になるのが一番心配なわけだが、まだ完全にどちらを主にするというところまでは決められないでいる。両方で相当程度まで習得してもらえればと思うのだけれども、欲張って両方で中途半端になっても困る。

息子の母語はいまだ日本語であることは間違いないと思うが、作業言語というか学習言語は、しだいにフィンランド語になりつつある気がする。


テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育

DSと辞書たち
国語の学習に辞書は欠かせないが、近頃は紙の辞書よりニンテンドーDSをよく使うようになってきている。読み方が分からなくても手書き認識で漢字のまま入力できるので、なかなか便利だ。もちろんひらがなで入力して正しい漢字を知ることもできる。

200611ds.jpg

わが家のDS

この辞書ソフトは「漢字そのままDS楽引辞典」といい、夏の初めに日本に行ったとき私が買ってきた。本体も買おうとしたのだが品薄で入手できず、フィンランドに戻ってから128ユーロで買った。こちらで買った本体でも日本のソフトが正常に動作するからありがたい。

国語の課題で、よく何々という漢字を使って短文を作るというものがあるのだが、息子はこの辞書を利用して熟語を見つけることになる。すると普通あまり使わないような熟語がノートに並んだりする。「顕」の字なら「顕揚」とか、「践」の字なら「践祚」とか、「遷」の字なら「遷座」とか。息子にとってはどの熟語でも同様に知らない語なのだから差はないのだろうが、一般に使用する頻度も辞書で分かればいいのにと思う。もしかしたら世間では私が思うより使っている言葉なのかもしれないが…。

他の発見もある。例文の課題に「彼はクラスの中で紅一点だ」と書いたから、「紅一点」の意味をもう一度調べなおすように言ったのだが直しもせず何が悪いのか解っていない様子だった。なので一緒に辞書を引いたら「紅一点」には「多くの平凡なもののなかに一つだけすぐれたものが存在すること。またそのもの」という意味があり、しかもそれは「多くの男性の中に一人だけ女性がいること。またその女性」という意味より先に書かれていたのだ。この2番目の意味だけだと思っていた。国語は言葉を知っているとつい意味もちゃんと知っていると錯覚してしまうから恐ろしい。反省することしきり。

200611perus.jpg

パソコンのフィン語-フィン語辞書

一方、フィンランドの教科書に出てくる分からない言葉はさらに大変だ。主にパソコンのフィン語-フィン語の電子辞書で調べるが、場合によってはフィン和辞書や個人製作の辞書を見たり、フィン-英を引きさらにその英単語が分からなければ英和を引くということにもなる。フィンランド語は話者数500万ほどのマイナー言語だから、これさえあればといった決定的な辞書はなく、いろんな方法でなんとか意味を調べなければならない。フィンランド語に比べると、英語-日本語間は辞書もなにもかも充実しているのでうらやましい。

辞書に出ていない言葉が使われることも多いし、動植物の名前などは日本の学名が分かったところで何にもならないことも多い。そういう場合は検索エンジンで画像検索をすると「ああこれか」と思うものも見つかるのでありがたい。情報検索は大変に便利になったものだ。

フィン語-日本語の辞書がDSにでも載ればとても便利なのだけれど、まあ近い未来に実現するとは思えないので、当分この面倒な辞書引きは続くだろう。


テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育

IT教育とインターネット
今朝のYLEラジオのニュースで、フィンランドの小中高校間での情報機材のレベルや教育内容の違いが問題になっていると聞いた。全教室にパソコンとデータプロジェクターという学校もあれば、昔ながらの黒板と教科書での学習が主の学校もあるそうだ。

このような差は主に自治体の予算や学校の方針によるらしい。教師自身の技能といったこともあると思う。こういった格差が、卒業後のITリテラシーにも影響すると懸念されているようだ。

息子のクラスの時間割でもIT教育が週1時間あるが、このコマは他の教科と共有なので毎週というわけではない(時間割については⇒9月13日の記事)。息子から聞いたところでは、この時間には基本的なパソコンの操作による検索、文書・Web作成、画像処理といったことをやっているようだ。

インターネットについていえば、どの子供もインターネットを使える環境があるが、携帯電話からのアクセスは日本ほど一般化していない。最近の調査でも携帯電話からインターネットを使うのは13~15才の子供の35%(1年前は30%)ということで、メールについてはSMS(ショートメッセージ)という別な方法が主流であることを別にしても、おそらく日本よりずっと低い数値だと思う。携帯でインターネットに接続するシステムや携帯でのウェブ表示は、ヨーロッパ全般にだが、日本よりだいぶ遅れている。一方、学校や図書館等でパソコンを自由に使える環境は整っているので、インターネットのアクセスはまだまだ携帯よりパソコンが主になっている。


テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

人種に対する考え方
フィンランドの教科書や子供向けの絵本を見ると気づくのが、挿絵や写真で出てくる人物が多様な人種だということだ。本来のフィンランド人は多くが金髪碧眼長身の典型的な白人で、古くからフィンランド社会に根付いているロマ人(ジプシー)という小数民族もいるけれども、他人種の人口はヨーロッパの中部の国に比べると非常に少ない。移民も増加しているとはいえ少ないので、田舎で外国人を見る機会はそう多くないのだが、子供向けの本にはその比率にそぐわないほどの多様な人種が出てくる。

これは子供たちが他人種になじみやすくするための配慮か、もしかしたら何か公的な決まりでもあるのかもしれない。

それが奏功したのかどうか分からないが、フィンランドは人種差別がほとんどないように感じる。もちろん皆無というわけではないが、人種が違うことや外国人だからということで不快な目に遭うことはまずない。少なくとも、人種差別は人道に反することだという考えはよく根付いていると思う。

200611textbook.jpg
英語の教科書の表紙

息子の英語の教科書ももちろん多様な人種の登場人物がいて、さらにその名前がそれぞれの言語に基づいている。ちょっと見ただけでも Abdul Khair, Boyd Ansems, Rochelle Vivinenne Plet, Yan-YanChoi, Svetlana Borisova Militsyna など、どう発音したらよいのか分からない名前も多いし、英語的に読むのが正しいのか原語に基づいた発音にすべきかも判らない。英語的な名前はわずかしかなく、フィンランド人の登場人物も見つからない。

国際的に使われる言語としての英語という見方なのかもしれないが、実際問題として音読するときに困る。名前の発音など気にしなくていいのかもしれないが、それにしても読みにくいではないか。日本の英語の教科書は日本人の登場人物以外には英語名だけ、それも辞書に出ているような一般的な名前ばかりだったと思うが、今は日本も違うのだろうか。



テーマ:子供の教育 - ジャンル:学校・教育

教育基本法改正のニュース
今朝ラジオのニュースを聞いていたら、日本の教育基本法改正案が衆議院で可決されたことを報じていた。フィンランドのニュースで日本の出来事が取り上げられることはそう多くないので、ちょっと驚いた。

ニュースでは教育基本法の歴史的経緯なども紹介し、今回の改正の焦点が愛国心に関することとも言っていたが、それが由々しきことだとか望ましいことだとかいった論評はなかった。可決の事実を伝えただけだ。

ちなみに「フィンランドの教育システムは日本の教育基本法をお手本にしている」といった話は日本からはよく聞くが、フィンランド人からはそういったことは聞いたことがない。私が知らないだけかもしれないが…。


テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

「自然科」でアフリカと中東の勉強
期限授業はいま自然科学の番で、アフリカと中東がテーマだ。

期限授業については9月13日の記事に簡単に説明したが、順に行う3つの科目のうち1つを「自然科学」と書いたのはあまり正確ではなかったかもしれない。元々のフィンランド語では この科目の呼び方は luonnontieto つまり luonto(自然)と tieto(知識、情報)の合成語であり、一般の「自然科学」には別に luonnontiede という語がある。「自然学」か科目としては「自然科」くらいがよかっただろうか。

「自然科」が一般にいう自然科学とどう違うかというと、地学、生物学、地理を組み合わせたような内容なのだ。日本でいう理科のうち物理学、化学の分野については「物理化学」という別の科目で学んでいる。

具体的にアフリカについての章だと、次のような内容になる。

まず地球の公転と自転の傾きから赤道、南回帰線、北回帰線と季節による太陽高度の変化を学ぶ。日射のため赤道付近は水分の蒸発が多く雨がよく降り、気圧が低くなる一方、回帰線付近は乾いて高気圧となり、気圧の差で赤道に向かう風が起こる(貿易風)。アフリカの熱帯雨林とサバンナがこのような理由からできてくることを学び、それぞれでの植生や動物の分布、人々の生活などへと移っていく。鉱物資源に関する節でのエネルギー再生可能性についてなど、理科的な内容にもときどき戻る。付随して地球上の4つの気候区分やその分布、海流にも触れる。

地学、生物学、地理が一緒というと不思議な感じだが、こんなふうに結びついている。

去年、5年生のときの自然科は地理の内容が多かった。内容としてはヨーロッパの国々で、ヨーロッパは国の数が多いからそれだけでもかなりの分量だったが、今年はヨーロッパの外に踏み出したというわけだ。

それにしても、私などはヨーロッパならまだしもアフリカについてはほとんど知識がない。日本の学校でいつ習ったか思い出せないくらいで、正直言ってあまり興味もなかった。だから「教える」などとはとてもいえず、教科書を見ながら息子と一緒に学ぶのがせいぜいだ。


テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育

ヘルシンキから北へ100kmほどのところにハメーンリンナという都市がある。古城とアウランコ国立公園、そしてシルバーライン航路の出発地として日本人もよく訪れる静かな町だ。

先週木曜日にこの町は大騒ぎになっていた。…らしい。200kgはあろうかというオスの熊が早朝から市街地に出現したからだ。

警察は徒歩や自転車で熊の通る可能性のある場所を通らないことや子供たちを学校まで自動車で送り迎えすることを勧告した。幼稚園や小学校まで1kmという距離にまで近づいたからだ。学校では、休み時間は通常校舎の外に出されるのだが(⇒9月13日の記事)、このときは校舎内で過ごすことになったそうだ。

ヘルシンギンサノマット紙11月9日の記事に逃走経路の地図があり、警察が撮影したビデオがある。ただビデオは暗くて、私には最後の方になってやっと熊が走っているのが分かる程度だった。

その後町を横断した熊はアウランコ公園から深い森へと、猟師たちによって追い払われたそうだ。もし熊がまた市街地の方に戻ろうとするなら射殺されることになっていたらしい。逃げていったのは熊にとっても住民にとっても幸いなことだった。

その後も警戒は続いていたようだが、今日の新聞によると熊は冬眠場所に落ち着いたようだ。フィンランドの森にはある程度の数の熊がいて、たまに町にまで出てくることはあるのだが、冬眠するこの時期に出てくるのは珍しい。森の中での伐採作業の音で目を覚ましたとも言われている。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

父の日
今朝起きてすぐ息子から渡されたのがこのカード

200611isanpaiva.jpg

Isälle(お父さんへ)と書いてある。開いてみると父の日のメッセージが。そうそう今日は父の日だった。日本の父の日は6月だがフィンランドはスウェーデン、ノルウェー、エストニアと同じで11月の第2日曜日。

学校の図画の時間に作ったものだそうだが、犬好きの私向けに足あとや裏表紙には犬のシルエットがついている。

ありがとう息子。うれしかったよ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

学校でのいじめ
インターネットで日本のニュースを見ていると、最近いじめに関する記事が急増しているようだ。フィンランドは、いじめはやはりあるにしてもそれほど大変な事態にはいたってないと思うのだが、ちょうど今日、いじめに関連する出来事が2つあった。

ひとつは、息子が学校の授業の一環で中学校に演劇を見に行ったところ、その劇のテーマがいじめだったということ。タイトルは Ruusun puska(バラのしげみ)といい、学校でいじめられていた少女が、いじめていた少年と大人になって出会うというものだったそうだ。タイトルで検索してもこの劇については出てこないので、その中学生の創作なのではないかと思う。いずれにせよ、こういうテーマの劇を行うということは、いじめが深刻化しているということかもしれない。

もうひとつは、ラジオやテレビのニュースで聞いたことだが、トゥルクという南西部の都市でのいじめに関する調査の結果として、移住者の児童はフィンランド人児童に比べ2倍の率でいじめに遭いやすいというものだった。いじめられるだけでなく、いじめる側としても移住者児童が多い。特に男子で顕著で、約半数の男子移住者児童は何らかのいじめを受けた経験があるということらしい。

いじめの方法としては男子は蹴るなどの物理的ないじめ、女子はあらぬ噂を流すなどが主だという。フィンランド人児童は親に相談することが多いが、移住者児童は学校で解決しようとする傾向が強く、それは家庭に余裕がないことが影響しているらしい。

息子はというと、
[READ MORE...]

テーマ:いじめ - ジャンル:学校・教育

歴史のテスト
歴史で古代エジプトを勉強していることは10月3日の記事に書いたが、先週そのテストがあって採点結果が返された。

200610historiakoe.gif
解答の一部

このように全ての問題が記述式で、たとえば、

   ◇ファラオに課された義務にはどのようなものがありましたか。

   ◇書記という職業について、少なくとも3つのことを述べなさい。

   ◇次の記述に続けて根拠を述べなさい。
   ・エジプト人の国はナイルの賜物である。なぜなら、
   ・エジプト人は死後の生を信じていた。なぜなら、
   ……

といった問題だ。

1つ目の問題は解答欄が7行もあり、配点5点だからおそらく5項目は書かないと満点はもらえないだろう。結構難しいと思う。私自身が歴史に弱いせいもあるだろうが…。

この他に古代エジプトに関する写真を見て、そこに写っている事物について説明する問題もある。今回は満点が30点で、点数の他に成績もつけられるが(採点と成績については⇒9月28日の記事)、今回はやはり難しかったのか、平均が低めだったようだ。

日本の小学校のテスト問題は、選択式や○×式や穴埋め式の問題がある程度の割合を占めるのではないだろうか。フィンランドでは、今まで見てきたところでは小学校からほとんどが記述式の問題という感じだ。この点、語彙力や作文力にまだハンディのある息子には酷だと思う。が、まあがんばってもらうしかない。問題の出し方を変えてもらうわけにもいかないのだから。


テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育

この寒さの中でキャンプ
200611enslumi.jpg


大雪の翌日、土曜日の朝起きたら気温がいきなり -13℃になっていたのでまた驚いた。ふだんの年でもこの時期ならときどきマイナスにはなるけれども、これはちょっと珍しい。そしてちょっと不安になった。

というのは息子が前日の夕方からボーイスカウトのキャンプに行っていたからだ。キャンプは真冬にも行うしテント内にストーブはあるだろうけど、この急激な冷え込みで大丈夫なのか。冬の初めはまだ寒さに体が慣れていないのだ。それに普通の屋内ではセントラルヒーティングで寒く感じることなどないから余計に慣れないし…。

午後、なんということなく帰ってきた息子の話ではテントでなくコッテージで寝泊りしたそうだ。それがこの寒さのせいなのか元々の計画なのかは判らない。でも暖房が暖炉だけだったのでやはり寒かったという。

そして朝には、つまり -13℃の中でだが、オリエンテーリングをしたそうだ。1時間くらいのものらしいが、寒かったことだろう。リタイアする子もいたらしい。

まあ、無事でよかった。息子はというと疲れたのかすぐに夕食までの爆睡に入ってしまった。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

大雪
昨日(10月31日)から降り始めた雪が夜には吹雪になり、朝起きてまだ暗がりのベランダを見たら、

20061101palveke.jpg

という、丸テーブルの上に雪が1mも積もった状態だったのでびっくりした。家全体が冬のムーミンやしきになってるんじゃないかと思ったが、たまたま風が強かったためベランダが吹きだまりになってしまったようで、実際の積雪は30cmほどだった。

いや、30cmだってひと晩で積もることはめったにないのだが。フィンランドの冬に雪はつきものだが積雪はそれほど多くない。一番多い3月で50cmくらいのものだ。

11月になるかならないうちにこんなに積もるのは珍しい。先週末にタイヤをスパイクに替えていてよかったが、車も駐車場から出しにくく、通勤に倍の時間がかかってしまった。息子は、学校の休み時間にさっそく雪遊びをしたようだったが…。

20061101koulutie.jpg

雪道を学校に急ぐ子供たち

昼間の気温は -5℃ほどだった。雪はとりあえずおさまったようだが、真冬日はしばらく続きそうだ。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報



プロフィール

Sommoro

Author:Sommoro
フィンランドに通算十数年住んでいます。家族は妻、高校生の息子、そして大型犬。

ショートカット
フィンランド三大誤解
東郷ビール フン族 サウナ
『欲ばり過ぎるニッポンの教育』
同感な点 変な点 教師の比較
学力関連
PISA 達成度 数学力 国語力
外国語教育
小学校英語 英語一辺倒 瑞語 選択肢 干渉
教科書見比べ
理科 数学 歴史
授業時間・日数
時間割 登校日数 1日多い
学級定員
長官提言 給与増の影響 動向 10年生 統計
校内問題
いじめ 暴力 護身術 警備員
進学問題
評価格差 選考基準 出願 合格点 進路問題
日本との違い
教育費 国旗国歌 採点 人種 解答欄 クラス移動

下のカテゴリー分類もどうぞ↓



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。